2019.12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020.02










大丈夫、愛さ 


SBS ドラマスペシャル「大丈夫、愛だ/괜찮아, 사랑이야」

期間→2014.7.23~9.11(全16話)
曜日→水木
時間→夜10時 (※再放送→日曜13時15分~)
演出→キム・ギュテ
脚本→ノ・ヒギョン
出演→人気推理小説家兼ラジオDJ:チャン・ジェヨル(チョ・インソン)、大学病院精神科フェロー1年目:チ・ヘス(コン・ヒョジン)、精神科開業医:チョ・ドンミン(ソン・ドンイル)、カフェ従業員:パク・スグァン(イ・グァンス)、大学病院精神科医師でドンミンの前妻:イ・ヨンジン(チンギョン)、ジェヨルのカフェの学生バイト:オ・ソニョ(イ・ソンギョン)、小説家志望の高校生:ハン・ガンウ(ト・ギョンス)、収監中のジェヨルの兄:チャン・ジェボム(ヤン・イクジュン)、ジェヨルの母(チャ・ファヨン)、ヘスの母(キム・ミギョン)他

君たちは包囲された」の後続ドラマ
視聴率 初回→9.3%、最終回→12.9%(最高視聴率)

公式サイト (予告) (掲示板) (壁紙)
innolife (制作発表リポート) (関連ニュース)
朝鮮日報ドラマ特集ページ
gall

動画 (Netsko)

日本初放送→Mnet(2015.2.15~)


 
↑韓国版OST


ネタバレあらすじ(1話のみ)

■1話(放送日:2014.7.23 / 視聴率:9.3%)
刑務所を出たばかりのチャン・ジェボムは、クラブで誕生日を祝ってもらうベストセラー作家の弟ジェヨルの背中をフォークで刺す。ジェボムは30カ月の重刑を宣告され、そのニュースを見ていた精神科医チ・ヘスは、ジェヨルが執筆活動の中断宣言をしたと知って、ずっと待ち続けている新刊の発売が延びた事に腹を立てる。。
26カ月後。ジェヨルの部屋で過ごした恋人は彼が部屋から出て行くのを待って、電話の相手に、「私の本はどうなったの?」と訊く。TVのトークショーの出演をホームメイトのヘスに代わってもらえるよう電話したドンミンは、久しぶりに子供の留学先から帰国した妻との時間を楽しもうとするが、ちょうど部屋のドアを開けたスグァンはその様子を見て驚き、トゥレット症候群の発作を起こす。トークショーの担当PDである恋人からの電話に出たヘスは、番組出演をOKして放送局へ向かう。ヘスの恋人とキスをする番組スタッフは局に到着したヘスを歓迎し、番組の共演者ジェヨルにヘスを紹介する。番組でジェヨルとの討論を終えたヘスは、ちょっと待ってと声を掛けるジェヨルを無視してスタジオを出て行き、そんなヘスに声を掛けるPDは、付き合って300日の日にホテルを予約したからその日は逃げられないぞと言う。タクシーに乗り込むヘスは追い掛けて来たジェヨルを無視して帰って行き、ジェヨルからヘスの連絡先を訊かれたPDは、彼女には恋人が居ると言うが、ジェヨルは、恋愛をしている時に出るオキシトシンが一度も分泌された事がない女だ…絶対に恋人は居ないと断言する。ヘスや同期の医師と後輩医師たちとの酒の席で、手術をしないでいいから精神科を選んだ事や、前妻ヨンジンとの離婚の際にカウンセリングを受けた事まで笑いながら話題にする同期の医師に腹を立てたドンミンは、彼にコップの酒を浴びせ、それがどうした…外科医はガンにならないのか…内科医は風邪をひかないのか…俺にとって離婚は心の傷だ…人の傷を笑って楽しいのか…お前がガンになって外科医がガンになったと笑われたらどう思うのかと言い返すが、その医師は実際に胃ガンで、ドンミンは怒って店を出て行く彼を追いかけて慰める。一方、酒の席を抜け出たヘスはクラブに居るスグァンと合流するが、彼女の姿を見つけたジェヨルは、その瞬間にヘスが番組の中で出した問題の答えを思いつく。同じ頃、ジェヨルの恋人が彼の新作をパクった小説を出版しようとしている事実が明らかになっていた。声を掛けてきたジェヨルから正解を聞かされるヘスはビンゴとだけ言って帰ろうとするが、そこへヘスが担当する患者が襲いかかって来る。ヘスは自分を守ろうと男を殴るジェヨルの後頭部を傍にあったガラスの器で殴って、もう病院には行かないと言って走り去る男を追いかけ、ジェヨルもその後を追いかけて店を出て行く。男は運転手が席を離れた隙にタクシーを奪って逃走し、ヘスは顔見知りの車に乗って追い掛けて来たジェヨルの車に乗り込み、彼は精神分裂症の患者で事故を止めないといけないと話してタクシーを追いかけてもらう。警察や男の恋人と通話しながらタクシーを追うヘスは、ジェヨルの頭の傷を見て視野が狭まっていないかを確認し、もし見えにくくなったらすぐに伝えるように言う。タクシーに乗った男を確保するとヘスは男に安定剤を注射し、医師に指示を出して救急車を見送る。男の家族に無事確保の連絡をしてホッとしたのもつかの間、ジェヨルの傷を見たヘスは119番に電話を掛け、自分の頭の傷に気づいていないジェヨルの頭を消毒して脱いだタンクトップを包帯代わりに巻こうとするが意識を失って倒れてしまう。なかなか救急車が到着しない中、ヘスを抱きかかえて歩くジェヨルだったが、遠くから聞こえるサイレンを聞きながら倒れ込むのだった。


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマブログランキング






[ 2014/07/23 00:00 ]  「た行」