2018.07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018.09











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマブログランキング





[ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告

素敵な人生づくり 


SBS 特別企画ドラマ「格好よく生きる/폼나게 살거야」

期間→2011.9.17~2012.3.11(全51話)
曜日→土日
時間→夜9時55分
演出→ホン・チャンウク
脚本→ムン・ヨンナム
出演→モ・ソンエ(イ・ヒョチュン)、長男/ナ・デラ(ソン・ヒョンジュ)、デラの妻/ナム・ウンジョン(チェ・スリン)、長女/ナ・ノラ(キム・ヒジョン)、次女/ナ・アラ(ユン・セイン)、三男/ナ・ジュラ(チェ・ウシク)、デラの娘/ナ・グムソン(キム・ジミン)、デラの息子/ナ・ファソン(ナム・ダルム)、シンヒョンの母/チョン・ヨンドク(パク・ジョンス)、ヨンドクの息子/チェ・シンヒョン(キ・テヨン)、ヨンドクの娘/チェ・ソヒョン(チェ・ヨンイン)、シンヒョンの異母兄弟/チェ・グヒョン()、ソンエの恋人/チョ・ヨンパル(ノ・ジュヒョン)、ヨンパルの息子/チョ・ジンサン()、ジンサンの妻/イ・ヘシム()、ノラの恋人/シン・ギハン(オ・デギュ)、医師/チョ・ウンゴル(コ・セウォン)、シンヒョンの友人/ヨン・グジュン()、結婚情報会社のカップルマネージャー(ヒョンヨン)他

女の香り」の後続ドラマ
視聴率 初回→9.9%、最終回→12.9%

公式サイト (予告) (掲示板)

動画 (Netsko)

日本初放送→KNTV(2012.11.1~)

OST試聴
01. 格好よく生きる - ペ・ギソン
02. 私の愛は - Lisa



↑日本版DVD


5話までのネタバレあらすじ

■1話(放送日:2011.9.17 / 視聴率:9.9%)
急いでKTXに乗り込むナ・アラは恋人チェ・シンヒョンから電話で今からでも来られないかと言われるが、私は嫁ではないし今日は大事な用があるからと電話を切る。目的地に到着したアラに声をかける隣の席に座っていたチョ・ウンゴルは、行き先が一緒のために相乗りしようと言い、もし明日同じKTXでソウルに戻れるなら(缶コーヒーの代わりに)ビールでも…と言うが、電話している間にアラは先にタクシーに乗って行ってしまう。夫の49日法要から戻ったシンヒョンは、7年も付き合っているアラが来なかった事を母から責められる。アラの姉ノラは尾行している男に飛び蹴りをくらわすが、相手は顔見知りの借金取りシン・ギハンだった。少しでも返してもらえないと困ると言うギハンを家につ入れて行くノラだが、そこにアラが現れ、姉さんがどこで何をしていようと興味はないが年老いた母親がいるのだからキチンと連絡を取るよう説教される。借金を返さないノラをこれ以上放ってはおけないと借金取りはギハンにノラの家まで案内させるが、ギハンは売られる前に逃げるようノラに言い、3人は貨物車に飛び乗る。無事ソウルに戻ったアラは姉に、働いてお金を稼いだら一番に携帯を買って母に毎日連絡するよう言って3万ウォン渡して帰っていく。自分が3万の価値しかないのかと腹を立てるノラは、いつか私に許しを請う日が来る…格好よく生きてやると言い、ギハンは、自分の人生の目標も"格好よく生きる"だ…2人でカッコよく生きよう…まさに俺のタイプだと言う。遅れて出社したアラにシンヒョンは、法要に参加して嫁として挨拶くらいしてもよかったんじゃないのかと言い、アラは、正式な挨拶もまだなのに嫁のように家に入り込むべきじゃないと言い返して喧嘩になる。同じ頃、アラの母モ・ソンエはヨンパルに突然プロポーズされていた。母から家に呼ばれてアラを結婚させるよう言われた長男デラは、アラが結婚したら同居しようと母に言い、家に帰ってから妻から怒られる。シンヒョンは友人と女の子たちを連れて遊びに行き、アラには風邪をひいたと嘘をつくが、シンヒョンの裏切りに怒ったアラはペンションへ行く。過去に一夜の恋のチャンスがあったがそんな事で7年の愛を壊したくなくて出来なかったと話すアラは、バレなければ大丈夫だと思ったんだろうが私はあなたがどれだけ冷め、どれだけ遠ざかっているのか目を見ればわかる…そんなふうに変わっていくあなたの気持ちがわかってしまう事がどんなに辛いかわかるか…と涙で訴え、シンヒョンは咄嗟に、母が今週の土曜に家に連れてこいと言っていたと言う。土曜日、アラはシンヒョンの家を訪ねるが、シンヒョンの母ヨンドクは、息子に結婚はダメだと言ったはずだ…お母さんと一緒に暮さないといけないし家には借金も多く給料も良くないらしいが、そんな条件でどうやって息子と結婚しようと考えるのか…息子から搾り取る気か…自ら身を引くべきじゃないのか…気のいい息子が縁を切れずに7年きたようだが、もう気付くべきじゃないのか…そんな鈍い所も気に入らないし、そんな娘を嫁にやろうとするお母さんも鈍い人だ…もう帰ってくれ、二度と会いたくないと冷たく言う。

■2話(放送日:2011.9.18 / 視聴率:9.3%)
何も言い返せないまま外に連れ出されたアラは、自分が稼いだお金で実家を手助けするのは悪い事なのか…あなたのお母さんとは上手くやっていけそうにない…私たちもう…と言い、慌てて口を塞いで別れようという言葉を阻むシンヒョンは、どうか自分を信じて待ってほしいと言う。その後、シンヒョンは母から見合いを勧められ、見合いをしても気持ちが変わらなければ好きにしていいと言われ、一方、家に帰ったアラは相手の母親には気に入られたと言って母を安心させ、結婚しても近くに住んで将来的には同居しようと話す。翌日、お金を払えずサウナを追い出されたノラは実家に戻り、その夜ギハンまでノラの実家を訪ねて来る。一方、チェ・グヒョンは継母であるヨンドクを訪ねてくる。なぜ長男の自分に内緒で父の49日法要をしたのか…父の財産をひとり占めして済むと思うのか…全部くれと言っているわけじゃなく代理店ひとつ与えるのがそんなに惜しいのか…幼い頃に虐めながら育てた分を返すべきじゃないのかと言うグヒョンにヨンドクは、結婚する時に長男としてもらう分はきちんと受け取ったはずだ…私はあなたとあなたの姉さんを結婚させるまで精いっぱい育てたと言い返すが、僕はお母さんがどんな人かよく知っている…シンヒョンとソヒョンに全部バラしていいのかという言葉に表情を変え、頭を押さえて気を失う芝居をする。翌日、ノラがギハンと一緒に家に帰ってきているのを見たアラは激怒して母に追い出すよう言って会社に行く。夕方、急な約束が出来て会えないと言ったシンヒョンが見合いしているのを目撃したアラは家に帰って姉から、付き合って7年なら今ごろ隠れて見合いか合コンしてるかも知れない…あんたも合コンしたり結婚情報会社にでも行くべきだ…結婚まで時間をかけていい事なんて何もない…それで裏切られたらあんたが損するだけと言われて腹を立てるが、翌日、結婚情報会社を訪ねる。年齢的にも再婚の人を探す方が楽だと言われるアラは、出来れば同い年か年下がいいと言うが、年下と付き合うには年収も外見も足りないとキッパリ言われてしまう。落ち込んで帰るアラだが、別の部屋にはウンゴルが居た。商売をするためのお金を出してほしいと兄に言って働くように言われるノラは、家族みんなで私をバカにするけど私の立場にもなってほしい…兄さんを大学に行かせるために私は高校にも行けず中学すら中退した…兄さんは私に何も言う資格はないと悔しそうに言う。そこでデラはノラにチキンの店でもやらせてはどうかとウンジョンに相談するが、もちろん大反対される。席を外して電話に出た事でアラに疑われたシンヒョンは、恋人でもプライバシーは守ろう…今後は俺がどこで何をしようと知ろうとせず、いちいち訊くなと怒って言い、腹を立てたアラは結婚情報会社に電話して今日にでも見合いさせてくれと言う。ノラがデラにお金をねだったとウンジョンから教えられた母はノラに頭を痛め、咳をして手のひらについた血を見て驚く。

■3話(放送日:2011.9.24 / 視聴率:7.6%)
シンヒョンは映画を観るまで時間があるから…と見合い相手に言われるまま近くの店に入り、おかっぱ頭の男と見合いするアラを発見する。アラは声を掛けて来たシンヒョンが怒って「何してるんだ。お前は俺の女だ!」と言ってくれるのを期待するが、シンヒョンは会社の同僚だと言って見合いを応援するのだった。家に帰ったアラは待っていたシンヒョンに、見合いしてみて自分のレベルが分かった…特別な能力があるわけでもない平均的な女は30を過ぎれば売れ残りだ…取り柄がなく最悪な条件だという事をこんなにも惨めに見せつけなくてもいいんじゃないか…7年付き合ったからとあなたを掴まえているのは正しいのか…はっきり別れてくれと言ってくれたら私は別れる…と言い、シンヒョンはアラを抱きしめて、お前には俺しかいない…だから俺について来い…絶対にお前と結婚すると言う。家に帰ったシンヒョンは見合い相手と映画を観ずに帰って来た事に怒る母に、付き合ってみたら気に入ったし結婚も考えた…でもアラが妊娠したのだと嘘をつき、ヨンドクから、私の息子として財産を譲り受けて幸せに暮らすか、あの娘と一緒に貧しく暮らすか、どちらかを選択しろと言われる。家に帰ったアラは、長引く風邪と決めつけて薬を飲む母に一度病院に行くよう言うが、母は聞き入れない。デラの家を訪ねるノラは、長男として妹が苦しんでいたら助けるのは当然だ…兄さんは家族を犠牲にして、あの時私が譲歩しなければ今の兄さんはない…とお金を催促するがウンジョンから断られる。続いてノラはアラの会社まで押しかけるが、そこでも当然断られる。入院した母の様子を見に行くシンヒョンはグヒョンに呼び出され、ヨンドクを説得して代理店を解決するよう言われる。そこでシンヒョンは、この前に立ち聞きしたヨンドクの秘密について訊いてみるが、グヒョンは言葉を濁すのだった。おかっぱ頭の男から断られた事でカップルマネージャーに呆れられたアラはショックを受けて何度もシンヒョンに連絡を取るが、シンヒョンは母の命令で電話に出る事が出来ないでいた。そんな中、ソヒョンがアラに会いに来る。シンヒョンの母親が入院している事に驚くアラにソヒョンは、同じ女として理解できない…そんな事までして男を掴まえたいのか…31にもなってそんな手を使うとは…妊娠したところで何の変わりもない…母はそんな幼稚で汚い手を使われてもっと腹を立てていると言い、シンヒョンが自分が妊娠していると家族に話したと知ったアラは驚きながらも偉そうに話すソヒョンに、私が妊娠しようが子供を産もうが結婚しようが私とお兄さんが解決すべき問題だ…あなたがしゃしゃり出る事でもお母さんが干渉する事でもない…放っておいてくれと言う。その夜、ジュラが喧嘩で警察の世話になり、アラと一緒に迎えに行くデラは、家の事情を思って大学なんて行けないと言うジュラの言葉に、宝くじを買うのだった。一方、家に戻って服を持って帰ったギハンは、借金取りたちに尾行されていると気付かないままノラの家に帰っていく。妊娠したと嘘をついた事を責めるアラは、母親の顔色をうかがってばかりのシンヒョンに別れを切りだし、親が反対する人と付き合うのは子供のする事じゃない…もしうちの母が反対したら私はあなたとは付き合わないだろう…あなたとの結婚を夢見た私がおかしかったのだ…私みたいな女と結婚したらあなたは苦労する…私たちの縁はここまでだったのだ…ずっと別れようと言われるのが怖かったから私から言えてよかった…と言って泣きながら帰っていく。

■4話(放送日:2011.9.25 / 視聴率:7.6%)
グジュンにアラと別れた事を伝えるシンヒョンは、以前なら別れを告げられたら追いかけて縋ったがもうそんな情熱もない…悪者になりたくなくてアラが先に別れを切り出すのを待っていたのかもしれない…俺が追いかけてくるかもと何度も振り返るアラを見た…きつく見えても限りなく弱い子だ…それでも見送ったと話し、酒に酔ったら電話してしまいそうだからと言って携帯を預かってもらう。そんなシンヒョンを励まそうとグジュンは気晴らしの旅行に誘う。同じ頃、アラは泣きながらシンヒョンからの電話を待っていた。一方、シンヒョンがアラと別れたと知ったヨンドクは退院して家に戻る。勉強せずバイトしていたジュラに大学に行くよう説得する母に、ノラは、中学中退なのは誰のせいだ…私を学校にやると思って商売をするからそのお金を私にくれないか…なぜ私だけが怒られて差別されるのか…私は母さんの娘じゃないのだろう…と泣きながら悔しさを訴えるが聞き入れてもらえない。アラのお腹の子供の存在を心配するヨンドクは娘と共にアラを訪ねる。後になって子供を抱いて現れて責任を取れとは言わないだろう…いくら払えばいいのかと言うヨンドクだが、シンヒョンが結婚を認めてもらおうと嘘をついたと知って喜んで帰っていく。ソヒョンの言葉でシンヒョンが友人と遊びに出掛けたと知ったアラはひとりで気晴らをするが虚しく家に戻り、「あんたと出会う前の私に戻して」と言って涙を流す。翌日、グジュンとの気晴らし旅行から戻ったシンヒョンは母に、アラと結婚する…アイツと結婚出来なければ頭を丸めて生涯寺で暮らすと宣言し、倒れる芝居をする母を無視して荷物を持って家を出て行く。一方、市場でめまいを起こして倒れたソンエは病院に運び込まれ、レントゲンやCTの検査を受ける。その夜、母から結婚を急ぐよう言われたアラはシンヒョンと別れた事を打ち明け、アラひとりに負担をかけている事に胸を痛めるソンエはヨンパルを呼び出し、プロポーズを受け入れると伝え、その条件としてジュラを大学に行かせてやりたいと言う。寺での暮らしが退屈なシンヒョンはグジュンに肉を買ってくるよう電話して一緒にサムギョプサルを楽しむ。一方、本当にシンヒョンが出家するのではと不安になったヨンドクはソヒョンを連れて寺を訪ね、結婚を許可するのだった。早速シンヒョンはアラに会って母から許しを得た事を伝え、喜ぶアラはデラに話があると言う。ソンエもまたデラに電話して土曜に話があるから家に来るよう言い、これにデラ夫婦はアラの結婚が決まったのだと考える。そんな中、検査を受けた病院から連絡を受けたソンエは病院を訪ねる。担当医のウンゴルは、入院して精密検査を受けて、もし手術が必要なら急ぐよう言い、戸惑うソンエに、肺がんの疑いがあると告げる。

■5話(放送日:2011.10.1 / 視聴率:9%)
家に帰ったソンエは暫く出前できないと客に連絡を入れて横になる。アラを家に送るシンヒョンは、もう二度と冗談でも別れないようにしようと約束して帰っていき、兄に代理店を任せてはどうかと母に言ってみるが相手にされない。夜、台所で焼酎を飲むソンエは、相変わらずなノラの態度に溜め息をもらし、翌日、病院を訪ねる。ソンエからガンという事実がまだ信じられず家族には話していない…何もする気になれずこのまま死のうかと考えていると言われたウンゴルは、悲観的にならず早く家族と話しあって病院に来るよう言うがソンエはお金の心配をして帰っていく。肺がんになった近所のお年寄りが様々な治療を試みたが家族にお金の負担をかけて亡くなったという話を聞いたソンエは保険会社に行くが、病気が判ってからの加入は無理と言われてさらに考え込む。帰り道、ノラの悪口を言う近所の人たちに腹を立てたソンエは掴みかかり、噂になるのはあんたのせいだとギハンに言うソラの言葉に溜め息をもらす。翌日、ギハンは息子を捜している会社社長の元に息子を名乗る人たちが相次いでいるというニュースを耳にする。家族を家に集めたアラは結婚が決まったと発表して皆から祝福を受ける。続けて、デラから何の話なのかと訊かれたソンエは一瞬間を空けて、久しぶりに皆の顔を見ようと思っただけだと答え、ノラにはいい男と出会って結婚して子供を産むように、ジュラには何があっても大学に行くように、アラには幸せになるように、デラには長男として責任を感じさせていつも申し訳なく思っているし感謝している、デラの妻には苦労させて悪かった…と言い、自分が居なくても皆デラの言う事をよく聞いて兄妹仲良くしょっちゅう顔を合わせるように言う。まるで遺言のような母の言葉に兄妹たちは変に思い、ノラは死ぬ人みたいな事は言うなと怒りだす。同じ頃、ヨンパルは息子と嫁に結婚する事を知らせていた。翌日、ソンエはヨンパルに、子供たちの反対を理由に結婚話を断る。シンヒョンに連れられて家を訪ねるアラは、シンヒョンのために仕方なく許したのであって正直言ってあなたの事は気に入ったわけではないとキッパリ言われた上に、シンヒョンの部屋に我が家に合う家具を選んで入れるよう指示され、今年中に結婚式を挙げるためには仕事はいつ辞めるのかと訊かれる。勉強したくないなら何がしたいのかと訊いても何もないと答えるジュラにデラは、母さんを心配させないよう大学に入ってから将来何をしたいかを考えるよう言い、入試に向けた教材と食事代を手渡すが、ジュラはすぐ教材をごみ箱に捨ててしまう。家に帰ったデラは、妻がいい条件で講師としてスカウトしている塾長から高価なイシモチを受け取っていた事で怒り、学校の先生に対するこだわりを見せて喧嘩になる。ソンエに会いに行くヨンパルは、あの雨の日の事を覚えているかと訊く。妻に先立たれて生きる気力を失くしたヨンパルは、妻のお墓に死ぬ前の挨拶に行き、死に方を考えながら歩いていて偶然立ち寄った食堂で40年ぶりにソンエと再会していたのだった。再会は運命だと思った…その後死のうなんて考える事はなくなり生きている事が楽しくなった…お前は命の恩人なのになぜだと訊くヨンパルにソンエは、好きだと勘違いしただけだ…あなたに魅力はない…顔を合わせるのも声も話し方も嫌いだと冷たく突き放して泣きながら去っていく。

韓国ドラマブログランキング





[ 2011/09/17 00:00 ]  「さ行」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。