2018.09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018.11











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマブログランキング





[ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告

ロマンスタウン 


KBS2 水木ドラマ「ロマンス・タウン/로맨스 타운」

期間→2011.5.11~7.14(24話予定/全20話)
曜日→水木
時間→夜9時55分
演出→ファン・ウィギョン、キム・ジヌォン
脚本→ソ・ソクヒャン
出演→ノ・スングム(ソン・ユリ)、カン・ゴヌ(チョン・ギョウン)、キム・ヨンヒ(キム・ミンジュン)、チョン・ダギョム(ミン・ヒョリン)、サングムの親友/ユン・シア(キム・ジェイン)、サングムの父/ノ・サンフン(チュ・ジンモ)、サンフンの友人/チェ・ボンイ()、資産運用会社社長:ゴヌの父/カン・テウォン(イ・ジェヨン)、テウォンの妻:トロフィー/実名ソ・ユンジュ(ヤン・ジョンア)、カン・サン(チョ・フィジュン)、家政婦/ユ・チュンジャク(パン・ヒョジョン)、オム・スジョン(イ・ギョンシル)、家政婦/トゥジャルリン(キム・イェウォン)、貸金業者/ファン・ヨン(チョ・ソンハ)、ファン・ヨンの娘/ファン・ジュウォン(ユリエル)、家政婦/オ・ヒョンジュ(パク・チヨン)、チャン・チグク(イ・ジョンギル)、チグクの妻/キム・スノク(シン・シネ)、チグクの愛人/オ・ブンジャ(クォン・ギソン)、コンビニの店員/チェ・グン(キム・ドンボム)、アナウンサー/ソン・ジンピョ(ホ・テヒ)他

いばらの鳥」の後続ドラマ
視聴率 初回→7.3%、最終回→12.4%

公式サイト (予告) (再視聴) (掲示板)
innolife
gall

動画 (KBS Able)

日本初放送→WOWOWプライム(2011.10.5~)


 
↑<ノーカット完全版> コレクターズ・ボックス


↑韓国版OST

OST試聴 & MV視聴
01. お前だけだ - Tei
02. 涙があふれて - ジェシカ MV
03. 笑ってサヨナラ - アレックス
04. 君だけを見る - Howl

3話までのネタバレあらすじ

■1話(放送日:2011.5.11 / 視聴率:7.3%)
1988年、ノ・スングムの母親は死んでも娘は家政婦にはしないと母親と言い合い、幼いスングムは体に染みつく貧しさを消毒するかのように町を走る消毒車を追いかけていく。そうすれば家政婦にならないかと思って。。母親に死なれるのが嫌だったから。。
2003年、工業高校に通いながらお金を稼ぐスングムは、男とクラブで遊ぶ親友ユン・シアと一緒にいる所を警察に補導される。家政婦をして貯めた4年分の大学の登録料を先生に見せて娘を絶対に大学に入れてくれと頼む母だが、スングムは大学に進学せずに働くと言い張る。その夜、スングムの父親は置手紙を残して妻が貯めたお金を持って逃げてしまう。
2008年、お金持ちの住む一番街に赤ちゃんを連れたお婆さんが現れ、ここにこの子の父親が間違いなく居るという言葉に主人たちの間に緊張が走る。父親の名字をど忘れしたお婆さんは、ふとした瞬間にカン・サンという子供の名前を思い出し、キム・ヨンヒは子供の頃のゴヌにソックリだとゴヌの父親カン・テウォンに言う。テウォンはすぐにゴヌに電話するが、その頃ゴヌはクラブにいた。ちょうどシアの子供を連れてクラブに来ていたスングムは、大切なおんぶひもを布団代わりにして眠るゴヌを起こそうとして店員に仲間と思われ、財布を失くしたゴヌの代わりに飲み代として持っていた生活費を奪われる事になる。カン・サンはカン家に連れて来られ、テウォンと結婚したばかりのトロフィーは迷惑がるが、ゴヌを育てた家政婦のユ・チュンジャクは、ここの奥様は何度入れ替わっても旦那様は私をずっとお替えにならない…私は自分の仕事をするだけだと言ってお婆さんと子供を家の中に入れる。スングムを車に乗せて家に向かうゴヌは、財布の中に入れていたお金よりも嫌がるお祖母ちゃんと撮った写真を失くした方が惜しいと言い、スングムのバイト先ちかくのカフェで、友達ができそうだから…NYには行くのが嫌だから…一緒にいると楽しいからNYに行くのをやめようかなと言うが、父親が現れたというシアからの電話を受けたスングムは相手にせず、自分に電話するよう言って電話番号を残して帰って行く。家に帰ったゴヌは父親から、助けてくれ…お前は明日になればNYへ行くんだ…父さんはあの女が居ないとダメなんだと泣きつかれる。一方、スングムは父親が家の保証金を持って行った事で母親を思い出して涙を流す。翌朝、ヨンヒがテウォンを非難する横でゴヌは黙ったまま荷物をまとめてスングムの電話番号を見つめる。こっそり入ったゴヌの部屋で紙に書かれた電話番号を見つけたトロフィーは電話を待ちわびるスングムに電話して呼び出し、子供の母親でないならなぜ来たのか…報酬は弾むから子供の面倒をみるよう言う。その頃、ゴヌはチュンジャクに父親の事を頼んでNYに旅立っていた。
2011年、カン家で家政婦をしているスングムは、「10分だけついて来い」と言う父が運転する消毒車からお金が出て来る夢を見る。その後、スングムはいつものようにコンビニで家政婦仲間で買っている宝くじと一緒に自分の分も買い、自分の宝くじを左のポケットにしまう。

■2話(放送日:2011.5.12 / 視聴率:7.2%)
ヨンヒは破談して戻ってきたファン・ジュウォンを歓迎し、一緒に食事会に出席する。その間、各家の家政婦たちは主人が留守中のオム・スジョンの部屋にいつものように集まっていた。後片づけをしようとチャン家の家政婦オ・ヒョンジュの部屋の前で名前を呼ぶスングムだが、彼女の部屋にチャン家の主人チグクが入って行って電気が消える。翌日、ゴヌの部屋を掃除するスングムは、机の引き出しに入っている財布の中に自分へ返される飲み代と思われる小切手を取り出して再びしまい、手紙の束を見ながら、もう3年になるのねとつぶやく。3年前、カン家の郵便ポストを頻繁にチェックするチュンジャクに声を掛けるスングムは、彼女が自分が仕事を奪う形になった前任の家政婦と知って謝る。スングムに手紙の代筆を頼むチュンジャクは、勉強の邪魔にならないように自分がクビになった事はゴヌには内緒にして、電話があった時には適当に嘘を言うよう言い、サンはゴヌの子供ではなく父親の子供だろうと教えて、今後届くゴヌからの手紙は自分の助けなしに返事をしてくれと頼む。それから3年の時が流れ、ゴヌは別人のように痩せて韓国に戻って来る。ゴヌからの電話に慌てたスングムは家を出て道端で転んで大の字になり、ゴヌに大丈夫かと声を掛けられる。ゴヌは顔を見てすぐにスングムだと気付くが、スングムは痩せてカッコよくなったゴヌに気付かず、ゴヌは自ら名前を言ってスングムを驚かせる。その後、家に帰ったゴヌがチュンジャクを探していると知ったスングムは犬小屋に身を隠すが、イタズラ好きなヨンヒに見つかる。ヨンヒは変身したゴヌとの再会を喜ぶが、ゴヌは家族がいないで行くあてのないチュンジャクが家を出たなら自分に教えるべきだろうと怒る。スングムの作った料理に手をつけず、トロフィーにチュンジャクを連れ戻してもいいかと確認を取るゴヌは勝手にしろという返事を受けてスングムの部屋に行く。この3年間に何が会ったのかと訊かれたスングムは、飲み代をもらいに来て家政婦になり、今に到るまでを簡単に説明するが、ゴヌは、あなたの事を訊いているのではない…おばあさんを無視して虐めたのだろうと言う。スングムの荷物を勝手にまとめてクビを言い渡すゴヌは、行かないでと言って泣くサンを抱きしめるスングムに消えろと言って追い出してしまう。スジョンの部屋で宝くじはどこだと訊かれたスングムは右側に入っていると答えるが、ヒョンジュは向かって右側のポケットから宝くじを出す。翌朝、スングムはシアの家に戻り、一方、ゴヌは戻ったら汚名を晴らすと約束した事を覚えてるよねと父に訊く。父は兄弟がいない方が全てを自分のものに出来るのだ…お前に全てをやりたいと言い、それをドアの外からトロフィーが聞いていた。翌朝、カン家にスングムの父親がやって来る。一方、仕事を探すスングムはポケットから落ちた宝くじを拾ってジャジャン麺を食べに行き、142億という史上初の高額当選が出たという新聞記事をバカにしながら見て、自分の持っている宝くじを確認してみる。万歳をしてお墓の中の母親や近くのお墓に向かってお礼を言うスングムだが、そんなスングムを兄と祖父の墓参りに来ていたサンヒが見ていた。

■3話(放送日:2011.5.18 / 視聴率:7.6%)
自分を見て驚くスングムにヨンヒは、亡くなってから世間に絵を認められた祖父のお陰で暮せている事を感謝しに来たのだ…お前の方こそ俺の祖父と父のお墓になぜ礼を言うのかと訊き、クビになって先祖に今後の事をお願いしていたのだと言うスングムに、一番街に居る時は気付かなかったが可愛い…元気を出せと言う。ヒョンジュが洗面台に置き忘れた指輪を自分のものと勘違いしたブンジャはすぐに自分の指にはめ、妻や妾と同じような真珠の指輪を自分にもさせている事に腹を立てるヒョンジュは、あの2人は愛ではなく友情だと言うチグクに呆れる。卵を拾わずに踏みつけるトロフィーに怒ったヒョンジュは身の程を知れと言うトロフィーに、(結婚が)4回か5回目という事が知れたらあなたは一番街を堂々と歩けない…喜んで奥様と呼んでいると思うのかと言い返して2人は掴み合いのケンカになり、家政婦たちは2人を引き離し、座り込むトロフィーをファン社長が、ヒョンジュをチグクが助け起こす。ヒョンジュはチグクに、もらった指輪を売って子供たちの塾の費用にしたと言い、子供を育てられるだけのお金が貯まったらすぐにも辞めると言う。当選した宝くじを換金しにいくスングムだが、そこは父の友人チェ・ボンイの職場だった。今さっき父が帰った所だと知ったスングムは父を追いかけ、いい加減に賭博をやめるよう言うが父は珍しくスングムの財布にお金を入れ、絡んできた酔っ払い客と喧嘩をして病院に運び込まれる。ゴヌから父さんのように生きると言われたテウォンは、今のお前の年の俺のように生きてみろと言い、30の時にどうだったのかと訊くゴヌに明日になれば分かると言う。ヨンヒからなぜ痩せたのかと訊かれたゴヌは、太ったままだとチュンジャク以外は自分を無視した…特に父がそうだ…必ずチュンジャクを見つけて復職させると言う。父の手術費、500万ウォンが必要になったスングムは、家政婦たちに言えば貸してくれるだろう…私には返せるお金があるからと思いながら当たりくじを見るが、チュンジャクの電話番号を書きとめようとするゴヌに奪われてしまう。慌てて宝くじを奪い返すスングムは家政婦たちにお金を貸してほしいと頼んで回るが断られ、トゥからファン社長の机にあったものだと貸金業者のチラシを渡される。一番街では貸金業者をしている事を秘密にしているファン社長はスングムに誰にも言わないよう言い、通常なら1等当選金額の33%の所を5憶プラスして100億ウォンで買い取ると言う。当たりくじと交換して100億ウォンを受け取るスングムは、もう二度と一番街に現れないとファン社長と約束する。翌日、テウォンは、もう投資は終わりだと言ってゴヌからカードを奪い、30の時の俺のように生きてみろ…健闘を祈ると言う。家政婦仲間たちは昨日の事を悪く思ってお金を持ってスングム父を見舞うが、家政婦をクビになった事がバレそうになったためにスングムは慌てて皆を追い返し、父から、宝くじに当たったのか…家政婦はなぜ辞めた…俺が奪うと思ったのかと言われて否定して帰って行く。その後、友人から宝くじの1等当選が出た場所と当選金額を聞いたスングム父はゴヌの家を訪ね、トロフィーにスングムは辞めたのかと訊く。父親が病院を抜け出したと知ったスングムは慌ててゴヌの家に向かうが、途中でゴヌに車に乗せられて宝くじを渡すまで車を停めないと言われる。そこにスジョンからさっきのお金は黙っているよう言われてゴヌから渡されたものだと教えるメールが届く。車で夜を明かそうとするゴヌにスングムは、そんなにおばあさんが好きなのか…家政婦でもか…私も同じ家政婦だ…おばあさんのように一瞬で追い出された私はどうなのかと訊き、ゴヌは、好きだ嫌いだ、嫌いだ好きだ勝手にしろ…気になるなら口説いてみろと言う。

韓国ドラマブログランキング





[ 2011/05/11 00:00 ]  「ら行」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。