2018.07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018.09











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマブログランキング





[ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告

パラダイス牧場 


SBS 月火ドラマ「パラダイス牧場/파라다이스 목장」
済州島を舞台に、若者たちの仕事と愛を描くドラマ

期間→2011.1.24~3.15(全16話)
曜日→月火
時間→夜8時50分
演出→キム・チョルギュ
脚本→チャン・ヒョンジュ、ソ・ヒジョン
出演→馬専門獣医師/イ・ダジ(イ・ヨニ)、トンイングループ後継者でD.Iリゾート本部長/ハン・ドンジュ(チャンミン)、フレンズグループの海外投資担当/ソ・ユンホ(チュ・サンウク)、パク・チニョン(ユ・ハナ)、ダジの父/イ・オクス(チョン・ホジン)、ダジの妹/イ・ダウン(イム・スヒャン)、ドンジュの祖父/ハン・ソクサン(チャン・ヨン)、ドンジュの父/ハン・テマン(アン・ソクファン)、ドンジュの母/イ・ボクシム(ナ・ヨンヒ)、ドンジュの個人秘書/イ秘書(イ・シオン)、ビアホールの主人/ペク・スボン(イ・ドゥイル)、ドンジュとダジの同級生/パン・ジョンデ(チェ・ジョンユン)、ジョンデの母/カン・ヨンジャ(ユン・イェヒ)、ピリリ-ポレストゥの馬主/ヤン社長(チョン・ウンピョ)他

大丈夫、パパの娘」の後続ドラマ
視聴率 初回→7.8%、最終回→5.6%

公式サイト (予告) (掲示板) (壁紙)
innolife

動画 (Netsko)

日本初放送→DATV(2011.5~)



↑日本版サントラ


↑韓国版OST

OST試聴
02. Journey(OST Ver) - 東方神起
03. ひとり(My Only One) - BoA
04. 君を待って - イェソン
05. 好きでもいい?(...Is It OK?) - f(x) 
06. 告白 - チャンミン


2話までのネタバレあらすじ

■1話
役所で親の許可なしに結婚できないと知ったイ・ダジとハン・ドンジュは両家の親の許可を得て結婚するが、結局半年で離婚する事になる。6年後、馬専門獣医師となって父と共にパラダイス牧場を営むダジは、ボルポニーという馬を手に入れるためにオーストラリアに向かう。同じ頃、形式上D.Iリゾートの室長となったドンジュは、済州リゾートに置く馬を買うために祖父の命令でオーストラリアにいた。帽子をくれたソ・ユンホに惹かれるダジは、そこで6年ぶりにドンジュと再会して嬉しく思うが、ドンジュは、この6年お前の事など考えもしなかったと冷たい。競売で予算より5千万₩も高く落札する事になったダジは、ドンジュに代わりに買ってくれないかと助けを求めるが、もうすでに他の馬を手に入れていたドンジュは冷たく断る。夜、バーで今後の対策を練るダジはユンホと再会し、ユンホは馬主のヤン社長が6千万₩以上で落札したと知ったら…と頭を悩ませるダジのために、ダジが気に入る馬を代わりに手配するのだった。彼女と一緒のドンジュを複雑な思いで見るダジはユンホに「オジサン、ありがとう」と礼を言い、済州島で牧場をしているからいつでも連絡をくれと言って名刺を渡して別れる。夫テマンと別居するドンジュの母ボクシムは会いに来た息子にチニョンとの仲を訊ね、人生は短いのだから幸せになるべきだと言う。D.Iリゾートはアメリカのフレンズグループからの投資を受けて済州島のリゾート開発を進め、ドンジュは牧場を訪れる。オーストラリアで買ったポレストゥを見せられるヤン社長は全く動こうとしない馬を見て、約束と違うから金は出せないとダジに言う。ヤン社長に1週間の猶予を与えてくれと頼みこんでポレストゥと悪戦苦闘するダジの元にドンジュが現れる。自分たちが1週間前に手に入れた牧場をドンジュも買っていたと知ったダジは、ドンジュに詐欺に遭ったのではと言うが、詐欺に遭っていたのは自分の方と知って驚く。ダジと入れ替わるようにD.Iリゾートに到着したフレンズグループの投資担当ユンホはドンジュを訪ね、彼の顔を見たドンジュは戸惑う。土地はドンジュ名義で、ひと月後にはリゾート開発工事に入る事から出て行くよう言われたダジは、リゾート会社の社長に会うためにソウルに行こうとするが、そこへユンホがやって来る。

■2話
ダジに助けを求められたユンホは、フォレストは血統が良いから本来なら6千万もらうべき名馬だ…元々自分が買うつもりの馬だったから1千万を返すとヤン社長に言う。ダジは、再び助けてくれたユンホに感謝を伝え、ユンホが2カ月ほどD.Iリゾートに泊まると知って、景観を壊して住人を危険な目に遭わせるD.Iを非難する。同じ頃、D.Iリゾートの会長は後継者にドンジュを指名し、済州島リゾートの責任者に任命していた。ソウルに来たダジはドンジュに、このまま追い出される訳にはいかないから責任者に会わせてくれと言うがドンジュは、俺たちがどんなふうに別れたかを忘れたのか…責任者は父だと言う。そして、それでも会わせてくれと言うダジに、お前は立派にやってるから俺に会うのも頼み事するのも平気だろうが、俺はお前の顔を見るのもうんざりだ…帰って待っていろと言う。ダジとユンホの仲の良い様子を見たドンジュは面白く思わず、ユンホのプロフィールを調べて優秀な学歴を見ながら文句を言う。そこへ工事が始まった事でダジが文句を言いに来る。工事の事は知らなかったドンジュだが、法的に問題があるのか…うるさいなら恋人の所へ行けばいいと冷たく言い、怒ったダジは、あなたは"法的"といえば終わりでも私にとって牧場は命のようなものだ…あなたは最低になったと言って出て行く。自分に報告なしに工事に入った事に対して文句を言うドンジュだが、秘書は事前に報告していた事を指摘して、ヨット乗り場を移すためにはパラダイス牧場が必要なのだと言う。そこでドンジュは、牧場の持ち主がソ代表と知り合いなのは知っているのか…怒らせて投資を止めると言われたらどうするつもりだ…すぐ工事を中止しろと言う。ダジにポニーの治療を頼むユンホは、1日に2時間D.Iリゾートの乗馬場の馬の世話をするバイト契約を持ちかけ、ダジは快諾する。十分な敷地があるのになぜパラダイス牧場まで工事するのかというユンホの質問に、ドンジュに代わって景観の問題で…と答えるイ秘書は、代表との関係もあるから相場より高い補償金を払ったと言う。そこに、こんな額では話にならないとダジが怒鳴りこんでくる。相場の2倍の補償金でも不満で怒っていると誤解したユンホにダジは、自分にとって牧場はお金に変えられないのだと言おうとするがユンホは耳を貸さず、二度と会う事はないだろうと言って立ち去る。ドンジュはダジを追いかけて補償金を渡して代表の誤解を解くと言い、ユンホがリゾートの投資者なのかと確認するダジに、恋人が何をしているかも知らずに付き合っているのかと責める。そんなドンジュにダジは、そこまで私が鬱陶しいのか…なぜそんなキツく怒鳴るのか…あなたは辛い時に頭に浮かべる温かい思い出なのに…と涙で訴える。翌朝、乗馬場でユンホに会ったダジは、会って間もないけどオジサンの事は信じているからリゾート側の人だと明かさなかったのも私が補償金を受け取ったと誤解したのも理解できる…私は自分を信じているから好きな人も信じるのだと言って帰って行く。ソウルに戻って工事を中止するよう祖父に言うドンジュだが、祖父は、住民の気持ちを和らげるために牧場で暮らし、リゾートのイメージを回復させて同意書をもらって来いと言う。そこでドンジュはダジに、自分の代わりに住民の同意書をもらってくれれば2カ月後に牧場の土地を返すと言う。ダジから念書にサインさせられたドンジュは、ひと月以内に同意書を集めるよう言い、もし自分に会いに来る人がいたら自分がここに住んでいる事にして、外出していると言えと言って去って行く。その後、ダジに会いに来たユンホは、誤解した事を謝ると同時に信じてくれた礼を言い、2人は和解する。

※このあらすじを無断転載しているブログがあるため2話で中止しました。

韓国ドラマブログランキング





[ 2011/01/24 00:00 ]  「は行」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。