2018.11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019.01











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国ドラマブログランキング





[ --/--/-- --:-- ]  スポンサー広告

ありがとうございます 


MBC 新ミニシリーズ「ありがとうございます/고맙습니다」
心を閉ざす医師がHIVに感染した娘と強く生きている女性に出会い、
お互いに惹かれあい、お互いが相手にとっての奇跡となるストーリー
----------------------------------------------------------
2007.3.21~5.10(全16話)
曜日→水木
時間→夜9時55分
演出→イ・ジェドン
脚本→イ・ギョンヒ
出演→ミン・ギソ(チャン・ヒョク)、チャ・ジミン(チェ・ガンヒ)、イ・ヨンシン(コン・ヒョジン)、イ・ボム(ソ・シネ)、イ・ビョングク(シン・グ)、チェ・ソッキョン(シン・ソンロク)、ソ・ウニ(キム・ソンウン)、カン・グクチャ(カン・プジャ)、オ・ジョンス(リュ・スンス)、パク・ソラン(チョ・ミョリン)、パク・テクドン(キム・ハギュン)、ミン・ジュノ(キル・ヨンウ)、ソン・チャンジャ(チョン・ウォンジュ)、イ・ヨンウ(ユ・ミノ)、ソン・ドゥソプ(キム・ギバン)他

宮S」の後続ドラマ
視聴率 初回→13.5%、最終回→19.2%

チャン・ヒョク除隊後初のドラマ

公式サイト
Daumメディア
Gall 

2007MBC演技大賞・最優秀演技賞受賞(コン・ヒョジン)、黄金の演技賞受賞(チャン・ヒョク)、子役賞受賞(ソ・シネ)

日本初放送→KNTV(2007.5~)


 
↑韓国版OST、DVD

 
↑日本版DVD-BOX



■1話
愛想がなく傲慢な態度で患者に接する外科レジデント4年目のギソは何度も生と死の境をさまよって誰もが不可能だという患者の手術を成功させる。ドレスを着て高級リムジンから降りるヨンシンは突然来た道を急いで駆け出す。家に着いたヨンシンはソッキョンに二度と離れないと言い、その時現れたイ老人のどなり声にヨンシンは驚く。高卒検定試験が行われている教室で居眠りしたヨンシンはチャイムに頭を机にぶつけて夢から覚める。
ギソはすい臓ガンのジミンのCTフィルムを見て、ジミンのもののわけがないと叫んで狂ったように車を走らせ、江原道にある保健所に到着する。ヨンシンを避けて逃げて行ったポムは道で車とぶつかりそうになり、運転席から降りたソッキョンはポムに大丈夫かとたずねる。ソッキョンはヨンシンを見つけて戸惑った表情を見せる。ヨンシンもぎこちなく挨拶する。
ギソはジミンを説得して手術を始めるが、思ったより悪い状態に動揺し、ジミンの父は続けるつもりのギソにやめるように指示する。空港にギソを置いたまま出てきたジミンはタクシーに乗って去り、ジミンを追いかけるギソはジミンがクマのぬいぐるみを買う姿を見守る。ジミンは死ぬ前に謝らなければならない人たちがいると言い、ギソと共にフルン島へ向かう。

■2話
ギソは魂が抜けた人のように呆然とジミンの遺影を眺める。クマのぬいぐるみを背負ったポムとヨンシンは手をつないで仲良く歩く。倒れて出血するとなぜ友達に助けてもらってはいけないのかというポムの疑問にヨンシンは一族の秘密と関係があるのだと答える。そしてポムは無邪気に自分は天使だと話す。淡々とジミンの手術に対する発表を終えたギソは病室へ向かい、患者である妻が目に入らない夫を見て怒り、突き飛ばして蹴ってしまう。
留置所から出たギソは母ヘジョンを見て驚き、ヘジョンはギソが病院をクビになったと聞いて喜ぶ。父ジュノのタクシーに乗ったギソはジュノの忠告を聞かず、ヘジョンに電話して会社の仕事をさせてほしいと言い、ジュノにはもう医師を辞めると言う。ヨンシンはポムが父親のいる子が羨ましいと言っていたと言うヨンウの言葉に慌て、ポムは寝たふりをして目を閉じる。ヘジョンはソッキョンに自分のプルン島事業計画について聞かせ、やってみるかと聞き、すぐに出発すると言うソッキョンにギソを連れて行くように言う。プルン島に到着したギソはイ老人がクマのぬいぐるみを背負って歩くのを見て、自然にイ老人の後をついて歩く。

■3話
ポムと一緒に夕食の準備をするヨンシンは倒れたギソ心配になる。ソランは保健所の診療室に横になっていたギソがいなくなり慌てる。ポムは誰かが自分を呼ぶ声に気づき、ギソが来ていて驚く。ギソは自分の携帯電話知らないかと尋ね、クマのぬいぐるみを売ってくれと言ってヨンシンとポムは疑問に思う。ギソは何を飲ませたのかと尋ねるがイ老人は無表情でギソをじっと見て、ご飯を食べる。イ老人からスプーンで叩かれたギソを見てヨンシンはすまなく思い、ギソはヨンシンの家の離れで寝ることにする。
眠れないギソはヨンシンがくれた果実酒を飲むが、それによってかえって眠れない。ヨンシンはポムを捜しに出て、眠ってしまったポムをおんぶするソッキョンと会い、ソッキョンはヨンシンにポムの父親について尋ねる。ギソはヨンシンがポムに歌う子守歌を聞いて知らないうちに眠ってしまう。翌朝、ヨンシンの家の庭に村の人々が集まってギソが起きるのを待ち、目を覚めたギソは診察を受けたいと言う人々に自分は医師ではないと大声で言う。ドソプの母と一緒に外出したイ老人はギソを見て嬉しそうに笑う。

■4話
ポムが手慣れた様子で鼻血を拭き、ビニール袋に入れるのを見たギソはショックで固まってしまう。ソッキョンはヨンジュにポムの母親がポムにいつもあんなふうにきつくて怖いのかと聞く。家に帰って来たヨンシンとポムはイ老人がヨンシンの鏡台の前でイタズラするのを見て驚く。ポムがイ老人に叱りつけるのを見たヨンシンは怒り、イ老人に自分もきれいに化粧してくれと頼む。イ老人は丁寧にヨンシンに化粧し、そんなイ老人を見てヨンシンは涙ぐむ。ソッキョンはヨンシンに自分がポムの父ではないかと聞くがヨンシンは強く否定する。
モーテルの部屋で眠ったギソはヨンシンの家へ向かい、ヨンシンとポムが交わす会話を静かに聞き、口元に笑い浮かべる。朝起きて部屋から出たイ老人は床で寝ているギソを部屋へ引っ張って入り、ヨンシンの隣に寝かせる。寝ていたヨンシンはギソの咳に、ポムが寒がっていると思って両手でギソを抱きしめる。目を覚ましたヨンシンはギソを起こし、ギソは暖房がつかないことについて文句を言う。あきれたポムにギソはぬいぐるみをもらったらケンカせずに大切にするかと尋ねる。ソッキョンは悲しい顔でアコーディオンを弾いているイ老人を海辺で発見する。

■5話
ギソの鋭い目つきに慌てたヨンシンは浴室のドアを閉めようとするが服を脱ごうとするギソに驚く。部屋に戻ったヨンシンは恥ずかしくて布団をかぶって混乱する。そんなヨンシンを見てポムは変に思う。早朝、ヨンシンとポムは食卓準備してギソを呼ぶが部屋にギソの姿はなく、ヨンシンは空の部屋の前でギソに話し始める。後にいるギソに気づいて驚いたふたりだが、結局ギソは朝食にご飯は食べないと言い、今後はトースト二枚とコーヒーを用意するように言う。ヨンシンはあきれるが、ポムはこれからもずっとここにいるのかと喜んで笑う。
空を見上げるギソは日差しに目を閉じ、天使のようなポムを見てジミンの話を思い出す。ポムを見るギソの目が潤み、ヨンシンはギソが渡したお金の入った封筒を差し出して多すぎると言う。倉庫の前に到着したソッキョンはギソを起こしてギソにバットを渡し、10分しても出てこなかったらこれで助けるように言う。倉庫に入ったギソは数人を相手にしているソッキョンを見て一緒に戦う。ウニはタコをつかまなければならないと言い、ヨンシンに先に行くように言い、ウンヒが心配なヨンシンは再び干潟に行く。ギソは自分のわき腹が血で染まっているのを見て驚く。

■6話
ソッキョンは理事や投資家たちの前でプルン島に建設予定のリゾートについて説明し、ヘジョンは満足気に笑う。ソランはギソの傷を手当しながらジョンスがミスした事で落ち込んでいると告げると妓ソはあきれる。ギソはドンタルにご飯を食べろと言うヨンシンとポムを見て犬小屋を蹴り飛ばす。ヨンシンはソッキョン母がプレゼントした服を着るイ老人を呆然としてソッキョン母からの電話に出る。シャワーしようと浴室に行ったヨンシンは水音にはっとしてギソが出てくるのを待つ。
花柄のワンピースを着て口紅を塗ったヨンシンは新品の靴を履いていると自分を見ているギソと目が合った。ぎこちなく歩くヨンシンの後をついて行くギソ。ヨンシンはなぜついて来るのかと聞くとギソはヨンシンに自惚れているのかと言い、私用があって行く途中だと言う。ソッキョン母が紹介したソングに会うヨンシンは一緒に道を歩き、運転したギソはソングが船着き場でミスジョンと一緒にいた人物だと気づき、二人の側車を寄せる。

■7話
ギソの声と目に怯えたソングはヨンシンの前から去っていく。ヨンシンに興味を持っていると言うギソの言葉にヨンシンは驚き、ソッキョンはゆっくりと去る。ソッキョンの姿が見えなくなるとギソはヨンシンの顔から手を離し、厚かましい表情でヨンシンに自分が渡したお金を十倍にして返すまで部屋を続けて使うことと言う。家に帰ったソッキョンは横になっている母親にヨンシンとポムを苦しめるのを止めるように言う。
翌朝、ポムに事情を聞いたギソはヨンシンがマスクをしているのを見て呆れる。ピルドゥの家へ行ったギソは倒れている奥さんを車に乗せるソッキョンと会う。ギソは保健所の中に入ることができず、外で立っている。ジョンスはコ氏の奥さんに人工呼吸をするが状態が悪化するとブルブル震えだす。ギソは慣れた手つきで応急処置をし、落ち着いたコ氏の奥さんを見てソッキョンは安心する。仕事をしているヨンシンは町内会の女性から何か言われて涙を我慢しながら丘を歩き、そこで会ったジョンスと焼酎を飲む。

■8話
心臓マッサージをしたギソは手を止めて魂が抜けたように青白くなり、上着を脱いでコ氏の奥さんの顔の上に覆う。その姿にヨンシンは驚く。パク氏はギソの首をしめながら泣き、なぜわざと殺したのかと言う。ギソは殺人者というパク氏の言葉に自分の父親を思い出し、絶望に充ちた目になる。駆けつけてきたジョンスはギソが死なせたのかと聞く警察に医師だと言うがギソは自分が殺したと話す。パトカーに乗ったギソはヨンシンと視線があい、ヨンシンは浮かべてギソを見つめる。
ギソがヘジョンの息子だと知ったソッキョンは驚いて車を止める。警察署に行ったヨンシンは刑事に自分が見ていた、ギソはコ氏の奥さんを助けようとしていたと訴え、そんなヨンシンをソッキョンは見守る。ジョンスはヨンシンとソッキョンにコ氏の奥さんが治療を受けていた病院に行ってくると話し、ギソに落ち度はないと言う。家に来たヨンシンはピルドゥが証言さえしてくれればと言うジョンスの言葉を思い出し、ピルトゥの家に行って雨の中土下座して証言してくれるように頼むソッキョンを発見する。警察署から出たギソは島まで乗せて行くというジュノに島には行かないと話す。

■9話
ポムはボラムの母がボラムとジソンを避けさせる態度に戸惑いを感じる。そんな様子を見たヨンシンは胸を痛める。ドゥソプの母はイ老人に行おうとするがドゥソプはエイズにかかって死にたいのかと必死で止める。ポムとイ老人と一緒にウドンを作ったヨンシンは涙を必死で堪え、笑いながら小麦粉をポムの頬につける。ソッキョンはポムが鼻血が出た時に自分が言った言を思い出して考え込み、ウニは不安に思いながらそんなソッキョンを見る。
ヨンシンは誰もいない教室に一人でいるポムに今日は学校が休みの日だったと言い、家に帰ろうと誘う。ポムはエイズが移るからママが学校行くなと言ったとボラムから聞いて驚き、ヨンシンはどうしようもない気持ちになる。ヨンシンはソッキョンにソウルで家を探してほしいと言い、ポムはソウルに遊びに行くと聞いて大喜びする。ソッキョンの車に乗ってソウルへ向かうヨンシンは涙ぐむが、イ老人は突然泣き始める。道で出会ったギソに驚くヨンシンだが、イ老人が倒れるとギソは道にイ老人を寝かせて人工呼吸を始める。

■10話
ポムの置き手紙を見たヨンシンは手紙を握りしめて裸足で飛び出し、ギソは意識を失って倒れたヨンシンを抱きとめる。ポムは船に乗り込み、ソッキョンはポムに気づかないまま車で乗船する。ギソは入口が閉じられる船に向かってポムの名前を叫ぶが船は徐々に船着き場を離れてしまう。ギソはジョンスに電話してヨンシンの状態を尋ねる。気がついたヨンシンはポムと一緒に写した写真を持ってポムを捜し歩き、運転していたギソはパジャマ姿のヨンシンを見つけ、自分が運転手になると言う。
ポムと会ったソッキョンはポムがヨンシンに黙って出てきたと知り胸を熱くし、ポムに自分もポムと同じ病気になったと話す。イ老人は鳴り続けるヨンシンの携帯を見て、思わず電話に出てしまい、ヨンシンだと思ったソッキョンはポムと一緒にいると伝える。ギソと一緒に食事をして元気になったヨンシンは服を買い、ギソはヨンシンの髪をなでつけてピンをさしてあげる。ソッキョンと一緒にテーマパークへ行ったポムは楽しい時間を過ごし、ギソは悪寒で震えているヨンシンをギュッと抱きしめる。

■11話
ギソは寝るポムを抱いて車の後部座席に乗せ、プルン島へ向かって車を走らせる。ソッキョンは部屋の片隅に座り込み、クマのぬいぐるみを見ながら夜を明かす。ギソはまだつらそうに眠るヨンシンの隣にポムを寝かせ、眠る二人を見守る。目を覚ましたポムはイ老人に自分がなぜここにいるのかと聞き、戸惑う。寝たふりをしていたヨンシンは伸びをして起き、イ老人とポムにおはようと挨拶をする。布団を敷かずに寝ているギソを見たヨンシンは急いで布団を敷き、ギソを布団に寝かそうとするがよろけてギソの体の上に乗ってしまう。
ギソはポムにポムは本物の天使で、自分は守護天使1号で、ポムを守る重要な任務を受けているのだと話す。ポムの命令でハンバーガーとイチゴ牛乳を買いに行ったギソはヨンシンの熱を見て、手首をとって脈拍を測る。ギソが行った後、ゆっくり頭を上げたヨンシンは涙で濡れた顔でギソの背中を見る。ソッキョンの家に入ったウニは居間いっぱいに赤ちゃん用品と女の子の服が置かれているのを見て驚く。ソッキョンに電話したポムはぬいぐるみとカバンを持ってきてほしいと言い、ソッキョンはすぐに行くと返事し、急いでプルン島へ向かう。

■12話
ヨンシンにキスしようとして止めたギソは立ち上がると行こうと言い、ヨンシンはあとに付いて歩く。道で倒れてお互いの顔が触れ合うほどの距離となったギソとヨンシン。ギソは驚いてすぐさま立ち上がったヨンシンを見て手を差しのべ、ヨンシンの手を握ってキスしていいかと聞く。ギソと向き合ったソッキョンはポムは自分の娘だと言ったうえでポムとヨンシンをよろしく頼むと言い、ギソは怒りを覚える。
翌朝、ポムはソッキョンが置いて行ったぬいぐるみとハンバーガーを見て喜ぶ。突然町内の人々が押しかけて来て驚いたヨンシンはギソにポムを連れだすように目で伝える。ヨンシンはここでポムと暮らさせてほしいと言うが、村人たちはヨンシンに暴力をふるう。ギソはポミを連れて遊んでほしいというヨンシンの電話を受けてポムに歌を教わる。ポムがソッキョンの娘だと直感したウニは酒に酔ったソッキョンを乗せてプルン島へ行き、ソッキョン別れると言う。

■13話
ヨンシンはポムが学校へ行くと知って驚いて学校へ向かう。そんなヨンシンを見てギソも一緒に行くがポムはギソに抱きついて震え、ヨンシンに何か言おうとするが泣きだしてしまう。保健所に行ったギソはソッキョン母の傷を縫い始める。ヨンシンは治療を終えたソッキョン母に近づいて礼を言うが、ソッキョン母は誤解するなと言い、ヨンシンにひどい事を言う。ギソはヨンシンの手をとって外へ出て今後はヨンシンを守ると言う。
ポムは子猫を見に行こうと言うポラムの電話を受けて黙って出て行く。雨足が強まり、雨に濡れて歩いてくるヨンシンを見かけたソッキョンは車から降りようとするが止める。家に戻ったヨンシンは布団にイ老人しかいないのを見てポムを捜しに出る。ポムを捜しに出たヨンシンはポムとポラムが穴に落ちたとジソンから聞き、子どもたちの元へ走る。ギソはヨンシンがケガしたというジョンスの連絡を受けて保健所に駆けつける。

■14話
意識が戻ったヨンシンは救急車に移され、ソッキョンが同行すると言うがギソは自分が行くと言って車に乗ってドアを閉める。寝っていたヨンシンはギソの温かい手を感じて目を覚ます。走る救急車の中で苦しそうに呼吸するヨンシンにギソはしっかり呼吸するように声を張り上げる。ソッキョンは汚れたまま寝ているポムを見て胸を痛め、自分の家にポムとイ老人を連れて行く。ソッキョンは母親にポムが自分の娘だと気づいていただろうと言う。
誤った所からやり直したいと言うソッキョンにギソは今さら遅いと話す。目を覚ましたポムはレインコートではなく、着替えていることに慌てる。ギソはヨンシンに告白しキスをする。一緒にお風呂に入ったソッキョン母はポムを抱きしめて絶対に病気を治してやると言って涙を見せる。ギソは退院したヨンシンを乗せて家に帰り、車から降りたヨンシンは家の前で待っていたポムに走り寄って抱きしめる。

■15話
ギソはイ老人を座らせて髭を剃り、ソッキョンとの会話を思い出す。ポムは学校へ行くように言うヨンシンから離れて走って行く。ソッキョンは道に飛び出したポムを見て急停車し、ソッキョンと一緒に行こうとするポムをヨンシンは抱きしめる。ヨンシンはソッキョンに反発し、ポムはソッキョンの子ではなく自分の子供だと言う。ソッキョンの家の立っているヨンシンにソッキョンはミン・ギソが好きなのかと聞き、ヨンシンはそうだと答える。
ヨンシンと共に病院へ向かうギソはこの間の返事がまだだと言い、家族とは血の繋がりだけなのかと聞く。ポムはソッキョンの会社のイスに座りソッキョンを待つ。親子のようだと言う社員の言葉にソッキョンはドキリとする。帰り道、ギソは海を見て車を止め、ヨンシンの手を握って海辺を歩く。ポムにぬいぐるみをあげたジミンはポムがケガをした時に担当した医師だったと言うギソの話にショックを受けたヨンシンは走って行ってしまう。イ老人とイ老人の膝を頭を乗せて寝ているドソプの母を見たジョングクは二人の姿をカメラで撮ろうとするとイ老人はカメラに向かって明るく笑ってVサインをしてみせる。

■最終回
ヨンシンの部屋の片隅にイ老人の遺影が飾られポムはチョコパイを食べてイ老人の写真に近付く。食料を買ってきたギソはヨンシンに食事しようと言うがヨンシンはは無視して背を向ける。学校へ行ったポムは廊下で楽しそうに勉強している友達を見て元気なく帰る。車でポムを待っていたギソは目を閉じていてポムに気づかず、ポムは泣きそうな顔で家へ帰る。もう学校に行かないというポムを見たヨンシンはポムにソウルへ引っ越そうと話す。
保健所で急病患者の治療を終えたギソは家に誰もいないと知り、車から遠ざかって行く引越し業者のトラックを発見しクラクションを鳴らす。ポムは喜んで車を停めるように言うがヨンシンはそのまま行ってくれと言って前方を見つめる。ギソはスピードを出してトラックを追い越して道を遮り、ヨンシンに自分はその程度の存在だったのかと聞く。村の人々も間違いを詫び、ヨンシンに行かないように言い、ヨンシンは涙を流す。ヨンシンはソッキョンに自分にポムを授けてくれた礼を言い、ギソは家に戻ったヨンシンを見て微笑む。
韓国ドラマブログランキング





[ 2007/03/21 00:00 ]  「あ行」




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。