2020.06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020.08
ご訪問ありがとうございます
5月25日以降の記事は 韓ドラふぁん2 に移行し、新館にて更新しています。
韓ドラふぁん 韓ドラふぁん2ともに、これからもよろしくお願いします。
管理人 cocoro











「夫婦の世界」13話あらすじ 


女医:チ・ソヌ(キム・ヒエ)、ソヌの夫:イ・テオ(パク・ヘジュン)、ジェヒョクの妻:コ・イェリム(パク・ソニョン)、テオの同級生、会計士:ソン・ジェヒョク(キム・ヨンミン)、テオの同級生、産婦人科医:ソル・ミョンスク(チェ・グッキ)、事業家:ヨ・ビョンギュ(イ・ギョンヨン)、ビョンギュの妻:オム・ヒョジョン(キム・ソンギョン)、ビョンギュとヒョジョンの娘:ヨ・ダギョン(ハン・ソヒ)、ソヌとテオの息子:イ・ジュニョン(チョン・ジンソ)、医師:マ・ガンソク(パク・チュンソン)、院長:コン・ジチョル(チョン・ジェソン)、ジチョルの妻(パク・ミヒョン)、神経精神科専門医:キム・ユンギ(イ・ムセン)、ソヌの患者、ストーカー:ハ・ドンシク(キム・ジョンテ)、ソヌの患者、バーテンダー:ミン・ヒョンソ(シム・ウヌ)、ヒョンソの元カレ:パク・インギュ(イ・ハクジュ)、テオの秘書:チャン・ミヨン(チョ・アラ)、ミヨンの娘、ジュニョンの友人:ユン・ノウル(シン・スヨン)、市会議員:チャ・ドチョル(キム・テヒャン)、ドチョルの妻(ユン・インジョ)、ドチョルの息子、ジュニョンとノウルの友人:チャ・ヘガン(チョン・ジュンウォン)、ビョンギュの友人:チェ会長(チェ・ボムホ)、チェ会長の妻(ソ・イスク

■13話(放送日:2020.5.8 / 視聴率:21.09%)
急いでここを出て行くな…君のキャリアに見合った評価をしてくれる所をよく調べてからにしろと言って帰って行くテオだが、誰かが彼の帰る姿を見ていた。翌朝、ソヌはマ医師に電話してコサン以外の病院に空きがないか聞いてみる。朝帰りしたジュニョンからタバコの匂いがするのに気づいたダギョンは、登校前の彼に確かめるがジュニョンは否定する。マ医師から釜山に空きがあるとの連絡をもらったソヌはテオに知らせて出発前にジュニョンに会いたいと伝え、わかったと返事するテオは、もしジュニョンが嫌がったら考え直すよう言う。下校後ネットカフェで過ごしたジュニョンはお菓子を万引きして帰宅し、テオからソヌがコサンを離れる事について相談したいらしいから明日会いに行こうと言われる。ジェヒョクは慣れない料理を作ってイェリムと一緒に食べるが、体調が悪いイェリムは食が進まない。気遣いながらも空回りを自覚するジェヒョクは、今さらなのはわかっているがこのまま終わりたくない…俺たちは結婚し離婚もしたが見合いだったから恋愛をしていない…順序が違うがそこからやり直したい…それでダメなら終わりにすると言う。そして、あなたの勝負欲を満たす気はないと言う彼女に、今まで金さえ稼げばいいと思っていた…家事をやってみてわかった…君が当たり前のようにしてくれていた事すべてがどんなに有難い事だったか…勝負欲ではない…バカな俺が気づかず出来なかった事をやりたいだけだ…君は今まで貯めたマイレージを受け取っていると思えばいいのだと言う。ミョンスクの診察を受けるイェリムは筋腫が出来ているが投薬で様子を見ようとの診断を受け、腹痛の原因が分かってホッとする。そんな中、ソヌとテオにジュニョンがヘガンをケガさせたとの知らせが入る。お菓子の万引きをヘガンに咎められて一方的に暴力を振るったと話すジュニョンは信じられない様子の両親に、間違った事をした…オンマやアッパも間違うだろう…もう手遅れだと言い、まずへガンに謝罪をと言う両親に、謝ったからと言って許せるか…大人はそうなのか…学校を辞めればいいじゃないかと投げやりに言う。とにかく家で話そうと言われたジュニョンは拒否してテオの車に乗り込み、ソヌは、自分と一緒に居る時は塾を休むくらいで問題は無かった…まるで別人だ…そっちの家に問題があるのではとテオを責める。そこにチャ議員からテオにヘガンの診断書が出たら暴力を問題化するとメールが届く。ダギョンの元にもチャ議員夫人から直接連絡が来ていて、ただの思春期の反抗と捉えるテオと罰は受けさせるべきと言うダギョンは言い合いになる。ヘガンの入院先に行ってヘガン母に謝罪して許しを請うソヌは、盗みは今回が初めてではないと教えられて強気に言い返すが、示談には応じないから覚悟するよう言われる。急いで息子の部屋を調べるソヌは、盗んだものが入れられた箱を見つけて愕然とする。一方、ジュニョンと共にネットカフェに謝罪に行くテオは、彼が留学の事でダギョンと言い合うのを聞いて家を出ていた事を知り、この事はオンマには内緒にしようと言う。これにジュニョンは、オンマが心配か…あの時なぜオンマを殴ったのか…あの時お互いに終わったじゃないか…なのになぜまた会うのか…離婚したら終わりじゃないのかと言い、離婚してもお前は2人の息子で夫婦は別れても親子の関係は変わらない…ツラい目に遭わせてしまったがお前を一番愛するのはオンマとアッパだと言うテオに、僕を言い訳にするのは卑怯だと思わないかと言う。同じ頃、ユンギと話すソヌの元に担任教師から校内暴力委員会の日程が決まった事と示談を勧める内容のメールが届く。翌日、両親と共にヘガンの病室へ行くジュニョンは殴った事について謝罪するが、家に帰らず盗みをする事を心配して助言したヘガンを嘘つき呼ばわりした事については謝らず、代わってソヌが跪いて謝罪する。そこへ現れたダギョンはヘガン母とにこやかに話をしてヘガンにも謝罪する。ヘガン母に追い出される形でソヌは病室を出て行き、ダギョンはヘガン母に、ジュニョンのためを思って留学を考えたが彼を傷つけたようだ…私の至らなさから校内暴力委員会が開かれる事になったらジュニョンに申し訳ない…どうか許してほしい…うちの両親も心配していると話してこの件を収拾し、ジュニョンには、何かあれば友達のように気軽に話してほしいと言う。病院に戻って診察をするソヌは“面倒くさい事はもう嫌だ。オンマが居なくなれば耐えられそうだ。アッパのためにもそれがいい。僕は大丈夫だから行きたい所へ行っていいよ”というジュニョンからのメールを読んで座り込んでしまう。ミョンスクに両親が離婚した時の子供側の意見を聞くソヌは、両方に腹が立って大人が理解できず何が何だかわからなかった…連絡が無ければ無いで腹が立ったしあれば何故また連絡するのかと腹が立ったという答えに、やはり自分が引くべきだと考える。夜、テオを呼び出すソヌはジュニョンが以前から人の物を盗んでいた事を話すが、ダギョンから教えられていたテオはその解決を約束し、ジュニョンを立派に育てると言う。そして、ジュニョンが外泊したのは本当かと聞くソヌに、あの日だ…俺たちが一緒に過ごした日だと答え、2人はジュニョンがそれを見たのではと考えてジュニョンの元へ急ぎ、あの夜ジュニョンが家に帰っていたと知った2人は驚く。
(無断転載禁止です。あらすじはドラマ終了後、ドラマ紹介ページに移行します)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマブログランキング




[ 2020/05/14 16:46 ]  あらすじ