2020.04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020.06











「365:運命に逆らう1年」7,8話あらすじと9話予告 


リセッター、刑事:チ・ヒョンジュ(イ・ジュンヒョク)、リセッター、ウェブトゥーン作家:シン・ガヒョン(ナム・ジヒョン)、精神科専門医、至安園の園長、リセットの招待者:イ・シン(キム・ジス)、リセッター、配達業者:パク・ヨンギル(チョン・ソクホ)、リセッター、廃車工場勤務、前科者:ペ・ジョンテ(ヤン・ドングン)、リセッター、予備新婦:ソ・ヨンス(イ・シア)、リセッター、警備員:チェ・ギョンマン(イム・ハリョン)、リセッター、カフェの社長:ファン・ノソプ(ユン・ジュサン)、リセッター、ファンドマネージャー:チャ・ジュンソク(チョン・ミンソン)、リセッター、ゲーマー:コ・ジェヨン(アン・スンギュン)、リセッター、浪人生:キム・セリン(イ・ユミ)、強力1チーム班長:ホ・ジャンイル(リュ・テホ)、ヒョンジュの先輩刑事:パク・ソンホ(イ・ソンウク)、ヒョンジュの同期刑事:チン・サギョン(ユン・ヘリ)、ヒョンジュの後輩刑事:ナム・スヌ(リョ・ウン)、ジアン園の室長:ソン・ジヒョン(アン。ミニョン)、セリンの彼氏:(チェ・ヨンウン)、リセットを辞退した人物:ソ・ヘイン(キム・ハギョン)、ヘインの夫:(イ・ドンハ

■7話 (放送日:2020.3.31 / 視聴率:4.2%)
ヒョンジュに銃を向けたのは近くで手配中の容疑者を追っていたソンホで、電話してきたガヒョンが何も言わず電話を切った事からヒョンジュは急いでジョンテの家へ戻るが、チンピラに囲まれたガヒョンは機転を利かせて結婚予定のジョンテにお金を騙し取られた演技をしていた。ヒョンジュはジョンテを捜すチンピラにジョンテを見つけたらすぐに連絡するよう言い、ガヒョンからジョンテが撮っていた写真を見せられて驚く。ガヒョンはジョンテの携帯にシンから連絡があった事も教えて翌日彼女に会いに行くが、シンはセミナーのために出国していた。ジョンテが撮ったジュンソクの写真の日付から2人がリセット前からの知り合いだと気づいたガヒョンからの連絡で、ヒョンジュはジュンソクを訪ねる。ジュンソクは、株が暴落して会社の金に手を出し、賭博場に出入りして消費者金融から借金をしていたが、リセット後にジョンテから会社にバラすと脅されて仕方なく金を渡したと話す。その後、ヒョンジュはガヒョンと協力してジョンテの携帯に盗聴器を仕掛け、会話を盗聴と位置の把握を始める。心筋梗塞で亡くなったチェ氏の写真を見てふと何かに気づいたガヒョンは彼の家を訪ね、妻にロトについて聞いてみるが妻は夫がロトをしていた事を知らなかった。ガヒョンは帰りに玄関の前に置かれた花かごに目を止める。ロトを買う所を写真に撮られているのに遺品にロトが無かった事を不審に思うガヒョンは、その事とチェ氏の家で見たのと同じ花かごを引越したあとのヨンスの家でも見た事をヒョンジュに教える。予定通り会社に辞表を出したジュンソクはリセッターたちに報告し、カナダへ行ったら家族の事だけを考えて生きると話して祝杯をあげる。一緒に喜ぶファン社長も年を取るほど家族が一番だと言い、認知症の妻が今のところ自分を理解してくれていると話す。少し表情を変えるジェヨンはリセットした理由を聞かれて、ゲームで負けた相手を今度は殺すと話す。娘がくれた肌身離さず持っているオルゴールを皆に見せて自慢するジュンソクは、土曜日に皆で会う約束をして帰って行く。ジョンテが誰かと会う約束をするのを盗聴したガヒョンはヒョンジュに知らせ、ヒョンジュはすぐにジョンテ宅へ向かうが家の中は荒れていて誰も居なかった。ヒョンジュからジョンテを逃したと連絡を受けるガヒョンは、掴めた事があると伝える。

■8話 (放送日:2020.3.31 / 視聴率:5.1%)
ジョンテ宅へ来たジュンソクは浮気の写真で脅すジョンテをチンピラを使って押さえ込むが、隙を見てジョンテは逃走していた。ヒョンジュとガヒョンは盗聴によって、ジュンソクは被害者のフリをして実はジョンテを追っていたという事実を知る事になる。約束した土曜日、リセッターたちはカフェに集まるがジュンソクは前日から連絡が取れず、現れない。ガヒョンは皆にジョンテが撮った写真を見せ、セミナーのため出国したシンと連絡が取れていない事を教える。ヒョンジュはジュンソクの安否を心配するセリンに、ジョンテが何かした可能せいもあるがその逆もあると言って、2人がリセット前からの知り合いである事を教え、ジュンソクがジョンテを脅している音声を聞かせる。そこへスノから連絡が入ってヒョンジュは現場へ向かう。ガヒョンはジョンテの家に続いてジュンソクの家を訪ねてヒョンジュに電話してジョンソクが危険だと知らせるが、ヒョンジュが向かった現場はまさにジュンソクが車の中で自殺した現場だった。状況から自殺と見られる中でヒョンジュだけが他殺を主張し、証拠を持ってくるよう班長から言われたヒョンジュはソンホに盗聴した音声を聞かせてジョンテを取り調べるべきだと言うが、違法な盗聴は証拠にならないしクビになりかねない事からソンホは、班長には絶対言うな…聞かなかった事にすると言う。ジュンソクの死は自殺と知らされたガヒョンは言葉をなくし、ヒョンジュに彼の家に花かごが届けられていた事を教える。リセッターたちにもそれを知らせるガヒョンは、チェ氏が買ったロトが消えた事を教え、ヒョンジュもヨンスが死亡推定時刻まで通話記録があるのに携帯が現場から消えたと皆に話す。ジュンソクが大事にしていたオルゴールはどうなったのかと聞くセリンだが、その3つは何者かによってコレクションBOXに収められていた。帰宅したガヒョンはジョンテが携帯を持って家を出た事を確認して単独でそこへ向かい、賭博場から出て来たジョンテが車に乗って帰るのを見て慌てて車の前に走り寄ってジョンソクを殺したのかと問いかけ、そこへ通報していた警察が到着してジョンテは連行されて行く。ジョンテはジュンソクが死んだ事を知らない様子だったとガヒョンはヒョンジュに言うが、ヒョンジュは悪事を素直に認める者はいないと言って一緒にジョンテに会いに行こうとするが、身元保証人が迎えに来たため彼はすでに釈放されていた。ジアン院のスタッフが運転する車に乗るジョンテは、盗聴器が仕掛けられた携帯を車から投げ捨てる。帰国したシンはリセッターたちを集め、ジョンテを使って皆を監視させた事を認めて、何度もリセットしたが他の人と一緒なのは初めてだった…すぐにヨンギルさんが亡くなり、リセットした事を後悔する人が現れて混乱した…そんな時に彼が訪ねて来たのだと言ってジョンテを招き入れる。お金を稼ぐ方法を聞くジョンテにシンは、その代わり一緒にリセットした人たちを調べてほしい…リセットしなければヨンギルさんは死なずに済んだ…これはリセットによるバタフライ効果で他の人にも起こり得るだろう…これから起こる事を私は知らなくてはいけないのだと言い、その会話の録音を皆に聞かせるシンは、ジョンテを警察から出した事なども認める。いくら何でも前科者に皆の調査をさせるのは問題なのではというガヒョンの言葉に驚くセリンは、ジュンソクを自殺に見せかけて殺したのはあなたでしょうと聞き、ジョンテの接近に驚くセリンはドアを開けて出て行こうとして絶叫する。そこには花かごを持ったスタッフが立っていた。ミーティングルームに届けるよう言われたと言うスタッフは花かごは皆の前に置き、ヒョンジュが添えられたカードを開けると、そこには“今度はあなたです”と書かれていた。
(無断転載禁止です。あらすじはドラマ終了後、ドラマ紹介ページに移行します)

9話予告
いったい誰が、なぜ花かごを送ったのか調べるために追跡するヒョジョンとガヒョン。そんな中、予想外の手がかりを見つけて驚くが。。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマブログランキング




[ 2020/04/02 21:22 ]  あらすじ