2020.0112345678910111213141516171819202122232425262728292020.03











「チョコレート」15,16話(最終回)あらすじ 


シェフ:ムン・チャヨン(ハ・ジウォン)、コソン病院脳神経外科医:イ・ガン(ユン・ゲサン)、コソン病院脳神経外科医:イ・ジュン(チャン・スンジョ)、ガンの親友:クォン・ミンソン(ユ・テオ)、チャヨンの弟:ムン・テヒョン(ミン・ジヌン)、コソン財団理事長:ハン・ヨンソル(カン・ブジャ)、ジュンの父:イ・スンフン(イ・ジェリョン)、ジュンの母:ユン・ヘミ(キム・ソンギョン)、ガンの母:チョン・スヒ(イ・オンジョン)、ヨンソルの末娘:イ・ソフン(ユン・イェヒ)、ミンソンの父:クォン・ヒョンソク(キム・ウォンヘ)、‘王様の食卓’の主人:ハン・ソネ(キム・ホジョン)、コソンホスピス看護チーム長:ハ・ヨンシル(ヨム・ヘラン)、コソンホスピスの看護師:ペ・ナラ(イ・ジゥヨン)、莞島に住む潜り船の船長:ハ・ドング(チャン・ドクジュ)、ミンソクの婚約者:キム・インジュ(イ・ヒョビン)

■15話 (放送日:2020.1.17 / 視聴率:3.78%)
ジュンを病院に戻すためにヘミは人を使って陶芸工房を壊そうとし、ジュンは右手首をケガしてガンに手当てしてもらう。ガンの手の震えがまだ治っていないと知ったジュンは、わざとではなく手術はベストを尽くした…自分の実力を非難されたら甘んじて受けるしかないと言い、もし手首がこうなっていなければ兄さんに実力で勝てただろう…兄さんに勝ってコソンを手に入れ、そしたら幸せになれただろうか…そう思わない…それなのになぜ2人は争い合ってきたんだろうかと言うガンに、祖父が違う事実を教える。一方、女性を口説いてその彼氏と喧嘩になったテヒョンに呼ばれて警察に来たチャヨンは、同じような事の繰り返しにうんざりし、家族ではないと言って帰って行く。目撃者や防犯カメラの映像などで無実が証明されたテヒョンは、弟として恥ずかしいなら戸籍を整理して今後は他人として生きようとチャヨンに言う。ジュンはガンに、この事実を知るのはハルモニとお前と俺、亡くなったハラボジとオンマの5人だけだ…俺は反則が嫌いだからお前に話したのだと言う。チャヨンに会いに行くガンはカボチャのチヂミを焼き、チャヨンは母が好きだったと言うガンに、「事故で亡くなったんですよね?辛かったでしょ」と言って手を握る。テシクは中庭でハ看護師のために作った歌を歌い、今も変わらず子供扱いするハ看護師にキスをする。実は病気のテシクはハ看護師にだけ病気の事を内緒にしていた。祖母を見舞うジュンだが、ハン会長はジュンを避ける。手のケガについて母に聞かれたジュンはガンに手当てしてもらったと教え、ガンは僕たちが関わるまで元々優しい奴だった…一度くらいはガンにとっていい兄貴になりたかった…一度くらいは母さんと父さんが間違ってると言いたかった…でも我満して卑怯にも親の望み通りにここまで来た…今日まで2度我満したが3度目はない…これ以上は警察に通報すると言う。認知症の症状が進むソネはチャヨンを弟や妹と勘違いし、ヒョンソクにこれ以上迷惑をかけないよう怒って追い出そうとしてヒョンソクが止めに入る。ホスピスに入院中のユーチューバーのヒナは調子を見ながら病院内で動画を撮ってUPしていたが、段々痛みがひどくなっていた。その日は体調がよく、化粧をしてウィッグをつけて動画を撮るが途中で倒れてしまう。そんな中、入院中の妻の傍で悲しむ演技をする姿を撮影させている男がいた。その男は崩落事故を起こした体育館を作った会社の社長で、撮影を止めさせるガンは、病気の奥さんを利用して同情を引こうとせず間違った事をしたら先ず謝罪すべきだ…手抜き工事で10人もの人が死んだのだと言う。これに社長は、人は誰もが死ぬし補償金は支払った…同じ建物に居ても生き残った人もたくさんいる…死んだ人間は運が悪かったのだと開き直って言い、彼を新聞で見ていたテヒョンは激怒して彼を押し倒し、お前が殺したのは10人だけじゃない…生き残った人やその家族まで全員を殺したのだ…謝るべき事はきちんと謝れと言い放つ。その様子を見ていたチャヨンは、警察に連れていかれたテヒョンを家族として迎えに行き、地獄に居るかのような辛さは自分だけが感じていると思っていた事を謝る。テヒョンから姉はつらい時にチョコレートを食べないといられないと教えられたガンは警察署の前で座り込むチャヨンにチョコレートを渡す。母が亡くなってから自分はチョコレートを食べないと言うガンは、ここから生きて出られたら誰かの助けになる人になろうと思った…ここで死ななければ私が持つものを惜しまず差し出せる人になろうと決めた…私にチョコレートを譲ってくれたおばさんのように…チョコレートは私にとって進むべき道を教えてくれるコンパスのようなものだと言って百貨店の崩落事故に遭った時の事を全て話す。私にくれたチョコレートをおばさんが食べていたらおばさんが生きていたかもしれないと思うと胸が痛んだ…おばさんの名前は忘れた事はない…チョン・スヒさんだというチャヨンの言葉に驚くガンはチャヨンを車に乗せて離れた場所で嗚咽する。



■16話/最終回 (放送日:2020.1.18 / 視聴率:4.58%)
チョコレートを見ているチャヨンに声をかけるガンは久しぶりにチョコレートを食べ、ワンドに戻りたくなるから食べなかったが今はチャヨンさんが居るからと言う。そして、母親の事故について聞くチャヨンに、交通事故だった…僕にチョコレートを買って帰る途中に…だからそれから食べなくなったのだと言い、あなたにチョコレートをくれたそのおばさんの分まで一生懸命生きようと言い、明日の夜にうちで誕生日パーティーをするから来てほしいと誘う。ヒナは車を買ったら一番最初に海に行きたいとテヒョンに言い、一緒に行く約束をする。その頃、ソネとヒョンソクは海に居た。自分がインターンの時の記憶の中に居るソネを見ながらヒョンソクは仕事ばかりして寂しい思いをさせた事に今さらながら申し訳けなく思い、ある瞬間現実に戻ったソネはひっそりと姿を消す。ハン会長の退院の日、ヘミはガンに、今のコソンを作ったのはハン会長と私だ…私はコソンのために全てを捧げた…夫が舅の息子でない事はどうでもいい…お前の父親はコソンのために何をしたのか…お前がジェフンの息子というだけでなぜ全てを持って行こうとするのかと言う。これにガンは、それは反則だと僕も心から思う…コソンはコソンのために全てを捧げた人たちの物であって僕には興味がない…ただホスピスをそのままにするのが条件だと言い、その事はすぐにガンからジュンに伝えられる。テシクの病気を知ったハ看護師はトイレで思いきり泣いてからテシクに会いに行き、「私と付き合いたいなら言うべき事があるはずでしょ。元ヤクザだけど綺麗に足を洗って更生したから見ていてくれって。ヌナごときがこんなにセクシーで若い年下の男と付き合うなんてもう二度とない。だから男として見てくれって」と言い、そう言おうと思ったが時間がないのだと言うテシクに、時間はある…あなたは今しっかりと生きている…今からでも遅くはない…人は生まれた時には寿命が決まっている…それを忘れているだけだ…もしかしたら私の方が先に死ぬかもしれないと言って彼を受け入れる。家に帰ったガンは慌てて掃除をして母のノートを見ながら料理を作り、飾りつけをしてチャヨンを待つ。突然の母からの電話に驚きながらもチャヨンはケーキを持って少し遅れてガンの家を訪ねる。チャヨンは誰も私を捜せない所へ一緒に逃げないかとガンに聞き、一緒に行くと返事するガンは、そこがどこの国か分からないが寒いかもしれないからとマフラーを巻く。そんなガンにチャヨンは、今日は1日母に会わないよう逃げていた…ここにも母を避けて来た…だけどすべき話が出来たから母に会おうと思うと言い、ガンは手を握って応援する。翌日、チャヨンは20年ぶりに母親に会う。オンマがもしかして幸せになってるかもと心配した…オンマのせいでたくさんの人が不幸になっているのにオンマが幸せじゃダメだから…崩れる百貨店の中で知らないおばさんに会った…オンマに捨てられたあの時…必ず生きて出ろと息子に買ったチョコレートを譲ってくれてその人は亡くなった…私はそのおばさんから人生を学んだ…死ぬまでオンマには会わないつもりだったけど、そのおばさんから学んだからここへ来た…オンマも実は人として傷つけた人たちに申し訳ない気持ちでいると思ったのに…もう連絡はしないでほしい…電話には出ない…会うとしたら10年後にどちらの人生が正しかったか話そうと言って別れる。そこへ“手を握ろうか” “心配で地下鉄に乗るまでのつもりがここまでついて来てしまった。驚かせてゴメン”と近くの席に座るガンからメールが届き、チャヨンはガンの前に両手を差し出す。そして一緒に地下鉄に乗り、途中で姿を消す。美術館で陶磁器を見ているジュンは、しきりに腕を気にする女性を見て早めに病院へ行くよう助言する。訝しげに接する女性だが、その場で倒れ、一緒に救急車に乗り込むジュンはコソン病院脳神経科の医者だと名乗って病院へ向かう。引越し作業をするソネの元へ行くヒョンソクは、業者に自宅の住所を教えて荷物をそこへ運ぶように言ってソネを受け入れる。テヒョンは挨拶できずに旅立ったヒナの代わりに海で動画を撮って毎日を大切に生きるよう見ている人に伝える。翌日テシクと一緒にのど自慢大会に出る予定のハ看護師は、ホスピスの中庭でペアルックで歌の練習をする。そこへペ看護師が戻って来る。季節が流れる中、ガンはチャヨンを捜しにギリシャに行き、チャヨンと再会を果たす。。(完)
(無断転載禁止です。あらすじはドラマ終了後、ドラマ紹介ページに移行します)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマブログランキング




[ 2020/01/21 20:45 ]  あらすじ