2018.081234567891011121314151617181920212223242526272829302018.10











「先にキスからしましょうか?」15~18話あらすじ 


広告会社勤務:ソン・ムハン(カム・ウソン)、客室乗務員:アン・スンジン(キム・ソナ)、スンジンの元夫:ウン・ギョンス(オ・ジホ)、ギョンスの妻:ペク・ジミン(パク・シヨン)、広告会社代表:ファン・イヌ(キム・ソンス)、ギョンスとジミンの娘:ウン・ジス(チョ・アイン)、ギョンスのカフェのバリスタ:ヨ・ハミン(キ・ドフン)、イヌの妻でスンジンの親友:イ・ミラ(イェ・ジウォン)、ムハンの元妻:カン・ソギョン(ハン・ゴウン)、ムハンとソギョンの娘:ソン・イドゥン(チョン・ダビン)、スンジンの妹:アン・ヒジン(チョ・アイン)、スンジンの母:カン・グムスン(ソン・ビョンス)

■15話 (放送日:2018.3.13 / 視聴率:8.5%)
「今日は私から抱きしめなきゃ。一晩中、抱きしめなきゃ」と言うスンジンにムハンは必ず約束を守るよう言うが、その時ソギョンが声を掛け、驚くスンジンに、写真と違う…また会いましょうと言って帰って行く。ハミンにバイトを認めてもらえないイドゥンは、ギョンスの帰りを待って面接してもらおうとするが、彼女がムハンの娘と知ったギョンスは即座にイドゥンを追い払う。イドゥンは急いでソギョンをカフェに呼び、ハミンはギョンスに、示談金は必要ないからイドゥンが自分にした事とスンジンがイドゥンにした事はチャラにするよう提案する。そこでギョンスはソギョンに、「お嬢さんがここで働きたいと言ってますが許可されますか?」と聞き、イドゥンはソギョンの返事を待たずにギョンスにお礼を言ってハミンの元へ走って行く。あなたの元夫が現在付き合っている女の元夫だと言うギョンスは、ひと言で言うと元夫はどんな人かと聞き、人を一言では表せないと言うソギョンに、それでは一番堪えられなかった事は何かと聞く。心配だからと一言付け加えるギョンスにソギョンは「まだ愛してるんですか?」と聞き、「あいつはずっと苦しんでいるんです」と言うギョンスに、「愛してるとただの一度も言いませんでした。心にある言葉だけを言う人だから。それが一番堪えられませんでした」と答える。続けて「それならなぜ結婚を?」と聞かれたソギョンは、私の方が愛していたからだと答え、今もかと聞かれて「苦しいです。ずっと」と答える。そして、スンジンに前科がついた理由を聞かくが、ギョンスは、「罪を犯した奴に罪を自白しろと?罪を告白しろと?謝罪しろと?」と言って席を立ち、イドゥンとハミンの事はムハンに会って話し合うと言う。一方、その日スンジンとムハンは初めての夜を過ごす。翌朝、ジミンは初めてギョンスの父親の法事の準備をする。ミラと電話で話すジミンは、ムハンがクァンヒ建設の婿だった事や資産が200億ある事などを起きてきたギョンスに聞こえるように言う。目を覚ましたスンジンはムハンに感謝を伝える。「ありがとう。あなたの眼差し。誰かに求められる感じ…。誰かに選ばれる感じは本当に久しぶり。私も女なんだな、私も人間なんだな、私も生きている人間なんだなぁって。。ありがとう」と言う。

■16話 (放送日:2018.3.13 / 視聴率:10.9%)
歌を口ずさみながら開店の準備をするハミンを不思議そうに見るイドゥンは、「聞こえないのにどうして?」と聞き、ハミンは最初から聞こえなかったわけじゃないから覚えているのだと答える。背中を向けて準備をするハミンにイドゥンは、いつから?急に?どうして?私には音のない世界が想像もできないと立て続けに問いかける。警察へ行くので午後から休むとギョンスに言うイドゥンは、どうする事に決めたのかと聞かれて、父から離れたら無かった事にするとオバサンには言った…刑務所に行く事になっても私は関係ないと言う。考試院に部屋を借りたスンジンは今朝のムハンの言葉を思い出す。イドゥンとの間にあった事は自分が警察に行って解決すると言うムハンは、帰ったら全て説明すると言うスンジンに、説明はしなくていい…僕たちは説明なんてしないでおこう…今日だけを生きよう…しばらくは過去も未来もなく今日だけを生きようと言い、スンジンは、過去はともかくなぜ未来も?と首を傾げる。ムハンは警察で、処罰は望まない…無かった事にしてほしいと謝罪し、この件については公訴なしで終結されたと知らされたイドゥンとソギョンは驚く。なぜ娘より女なのかと困惑するイドゥンは、アッパは私よりずっとあの女を愛してるようだと母親に泣きつき、親権は自分にあると言うソギョンはすぐに弁護士を呼び、タクシーのドライブレコーダーと防犯カメラの映像、イドゥンの診断書を集めるように言う。スンジンは迎えに来たミラに昨夜は普段使わない筋肉を使ったからつらいと話し、興味津々の彼女にそうなった事を教えて、「涙が出たわ。ただ涙が…。申し訳なくて。こうしてて良いのか…。母親がこうしてて良いものなのか…。本当に申し訳なくて…」と言いながら泣き、ミラは「娘ももう17歳だから理解してくれる。きっと喜ぶはず。だからもう母親の心配をさせないで。ソン・ムハンとは娘が出会わせてくれたのよ。自分の代わりに助けてくれるよう彼と出会わせたのよ。だから大丈夫」と泣きながら言う。一方、ムハンの仕事先に怒鳴り込むギョンスだが、ムハンは胸を押さえて苦しんでいた。驚いたギョンスは言われるままにポケットに入っていた薬を飲ませる。持病でもあるのかと聞くギョンスは、ただの胃痙攣だと答えるムハンに、ソギョンが有能弁護士を連れて来て高圧的に再捜査を要求したと知らせ、10年前と同じように…財閥らしいが金のある奴は人を殺しても無罪で金のない者は暴行に器物破損、家宅侵入に名誉棄損だ…スンジンをどうするつもりか…本当に彼女を愛してるのか…最後まで責任を取るつもりがないならすぐに終わりにしろと怒鳴る。そして、自分たちに任せてくれと言うムハンに、あなたの娘のせいでクビになって就職できていないのに…暖房もない部屋に布団しかなく一人で耐えているのに…すぐ上に住んでながらよく知らん顔ができるなと言い、スンジンは講師をしていると思っていたムハンは驚く。3日ほど仕事が忙しくなるからと、ミラは夫の会社の人たちに準備したお弁当をスンジンに持っていくよう言って渡し、スンジンはムハンに連絡して会いに行く。帰りが遅くなるから先にベッドで寝ているように言うムハンは、会議を1つ終えてから一緒にお弁当を食べようと言いなおし、急いで会社に戻って行く。その間にスンジンはミラからの電話に出て、恋に落ちたフリをしていると本当に愛する気持ちが芽生えるだろうか…嘘が本物になるのか…愛が何か…どういうのが愛なのか覚えていないと言い、愛じゃなくただ結婚だけ…私は寄生虫でソン・ムハンは私の宿主だと自分に言い聞かせるように言うが、それをムハンが聞いてしまう。その後、ムハンは会議が長引いて一緒に食べるのが難しくなったとスンジンにメールを送り、帰宅してスンジンの歯ブラシを捨ててベッドに横になるが、突然401号に走って行き、部屋の中を見てスンジンに電話する。「どこですか?どこにいるのか言え!」といつもと違うムハンの口調に戸惑うスンジンに、ムハンは「聞こえないのか!?どこなのか言え!」と怒鳴り、考試院の部屋を訪ねて来て着替えるように言う。そして、「一緒に暮らそう。結婚しましょう」と言う。
(2か月前)ムハンは病院で以前とは違う場所にガンが見つかり手術が難しい状態で抗がん剤治療をしても3か月以上は難しいと余命宣告を受けていた。「4月に死ぬんですか?…5月に来ます。全く死ぬ気がしなくて…。僕は死にません。5月も生きて来ます。必ず」

■17話 (放送日:2018.3.19 / 視聴率:8.8%)
「なぜ急に結婚を?」と聞くスンジンに「時間が勿体なくて」と答えるムハンは、自宅の玄関の暗証番号を教える。そして、本当に私で大丈夫なのかと聞くスンジンに、あなただから結婚するのだと答え、「ずっとずっと愛します。あなただから」と体を預けて言うスンジンを抱きしめる事なく立ち尽くす。仕事があるから先に寝るよう言われたスンジンは、セクシーなベビードールとガウンを着て音楽を聴きながら目を閉じているムハンの元へ行く。驚くムハンはスンジンに、体は抱きたくなっても心は違う…体より心が大事だから…僕が抱きたい時に抱く…あなたが望む時じゃない…今は全く抱きたくないと言い、先に眠るように言う。傷ついて腹を立てるスンジンは、睡眠薬を飲んで羊を数えながら眠る。そんなスンジンを見るムハンは、もうすぐ死ぬのに何を浮かれているのか…元々の計画どおりに死んで去ればいいのだと自分に言い聞かせる。翌朝、ムハンは撮影のために2日間留守にするとメモを残して家を出て、ソギョンを訪ねる。イドゥンにビョルの話をしたのかと聞かれたソギョンはまだだと答え、知らせないで帰るよう言うムハンに、死も経験しないといけない…あなたが説明してくれるならいい経験になると言うがムハンは黙ってしまう。再会して初めてソギョンと名前で呼ぶムハンは、もう恨んでいないから自由に生きろ…生きる事は正しい正しくないが問題ではなく、より幸せか少し不幸な方を選んで当然なのに僕は心が狭かったと言い、スンジンの事を頼みに来たと察したソギョンは拒否する。ムハンがスンジンと結婚すると知ったソギョンは驚き、前科者がイドゥンの継母になるなんてと反対し、騙されているのだと言う。そこでムハンは、騙しているのは僕の方だ…10年知らないフリをした…もう1日も知らないフリは出来ない…僕の沈黙が彼女の人生を台無しにしたのだ…僕がもう一度生きていけるようにしてやるのだと言う。ムハンの薬を1錠持ち帰るギョンスだが、部屋で落としてしまい、それをジミンが拾う。娘からスンジンがスーパーで働いていると教えられたギョンスはすぐに会いに行き、スンジンは結婚を知らせて、幸せになると言う。一方、薬局で薬を見せるジミンは、手術ができない末期のガン患者が飲む薬と知ってショックを受ける。カンヌンに居るムハンは、スンジンから送られた写真以外の全てのメールを削除する。その時、スンジンからのビデオ通話の呼び出し音が鳴る。顔が見たかった…いまは夜だけでなく昼間も誰かのせいで寂しい…あなたが居ないならあなたのベッドもあなたの家も必要ないと言うスンジンに、もうベッドも家もあなたの物だから気楽に使えばいい…結婚式がしたいならすればいいし、その前に結婚届を出そうと思うがどう思うかと言うムハンは、何をそんなに急いでいるのかと戸惑いを見せるスンジンに、あなたの気持ちはわかっているから全て僕がやる…あなたは黙っていればいいのだと言う。そんな中、スンジンの元に高等裁判所から"2013年 損害賠償。原告:アン・スンジン。被告:アポロン製菓"と書かれた弁論期日呼出の召喚状が届く。嘆願書を出した人物が証言をしてくれたらまた闘えるという弁護士の言葉を思い出すスンジンは涙を流すが、501号の前に立っているソギョンに気づいて驚く。告訴は取り下げたと言うソギョンは、ムハンから愛していると言われたかと聞く。近い言葉はと答えるスンジンは、心にない言葉は言わない人だ…愛していないから愛していると言わないのだ…だから私は去った…あなたがかわいそうだ…長い間石の塊のように彼を押さえつけていたんでしょう…それは愛ではなく罪悪感だ…あなたも結婚も…爆弾を抱えてこうして彼の傍に居続ければ彼が教えてくれるだろう…石の塊は愛にはならないのだと言うソギョンに、心配はいらない…私がかわいそう?…私も彼がすごくかわいそうだから大丈夫だ…かわいそうで一人でいるのが怖くて、そうして始まる愛もあるのだと言い、後悔するだろうと言う彼女に、明日後悔しても今日幸せなら私はいいのだと言う。

■18話 (放送日:2018.3.19 / 視聴率:11.1%)
ギョンスが帰宅するとジミンは荷物をまとめて泣いていた。てっきり腕時計を売ったのがバレたと思ったギョンスは土下座し、いくつまで生きられるのかと聞くジミンに、君が許してくれるなら100まで生きて幸せにすると言う。ギョンスから薬は501号の物だと知らされたジミンは驚き、末期のガンでありながらスンジンと結婚しようとしていると知って狼狽える。ソギョンやムハンの言葉を思い出すスンジンは、6年前の出来事を振り返り、そこにムハンから電話がかかる。僕が愛するし僕だけが愛するからあなたはそのままいればいいのだと言うムハンは、動物園と飛行機以外に私たちは会った事があるのか…答えてくれないとここに居られないと言うスンジンに、時が来たら答える…長くはかからないと言う。一方、感情の起伏が激しいと打ち明けるミラにイヌは、自分には原因がわかっているから一緒に病院ヘ行こうと誘う。出張から帰ったムハンは自ら鍵を開けずにインターホンを押す。カメラに映るムハンにスンジンは、あなたが誰か分かれば私は出て行くかどうかを決められる…誰なのかと問いかけ、ムハンは、ひと月だけ待ってほしい…ひと月後に僕が誰か話をする…あなたを愛する時間が必要なのだと言う。食事の用意をするから一緒に食べようと言われたスンジンは、この家では食べさせてもらわないと規則として決めた…あなたの望む時ではなく私が食べたい時に食べる…今は全く食べたくないと以前ムハンに言われたお返しをするが、美味しそうな匂いに負けて結局は食事をする。スンジンがスーパーのレジ係をしてると知ったムハンは、望まない仕事なら休むのはどうか…僕も時間を作るから一緒に遊ぼう…旅に出て美味しいものを食べて映画も観て…人がやっている事を僕たちもしよう…懸命に生きるのはやめようと言う。ムハンを店に呼ぶスンジンの家族は、早いうちに結婚するように言い、結婚式は挙げずに婚姻届を出すつもりだというムハンに絶対に式はするべきだと言って自分たちが決めていた日を指定して勝手に日取りを決めてしまう。一方、スンジンに会うジミンは「オンニが結婚するあの人…」と躊躇いながら言い、それを止めるスンジンは、「結婚する前に知らなきゃいけない事なの。いま知らないと取り返しがつかないから」と言うジミンを制して、聞いたらあの人と遊べないから聞かない…一緒に食事して一緒に寝て本を読んでくれる彼の声をもっと聴きたい…私を見る眼差しの中でもう少し生きていたいのだと言い、そこへムハンが帰宅する。ジミンがムハンに何か言おうとするのを止めるスンジンは、ムハンと一緒に家に入って行く。スンジンと食事するムハンは「結婚の日取りが決まりました。来週の日曜の3時に結婚するそうです」と言う。。そして、2人は結婚式を挙げる。式場で見守るスンジンの家族とミラやジミン、ギョンスは涙を流し、式場にはイドゥンの姿もあった。
(無断転載禁止です。あらすじはドラマ終了後、ドラマ紹介ページに移行します)


にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
韓国ドラマブログランキング





[ 2018/05/02 18:02 ]  あらすじ